Bitfinexの新規プロジェクトEthfinex(イーフィネックス)とは?

2017年8月に開発が発表されて以来注目が高まっていた「Ethfinex(イーフィネックス)」。そのベータ版がついに始動しました!

ethfinexロゴ

2017年12月22日、公式ブログで「Ethfinex Beta」のアップデートが発表され、現在はBitfinexの既存のユーザーのみが利用できる状態となっています。公式サイトはこちら「https://www.ethfinex.com

海外取引所の中で、常にランキング上位にあるビットフィネックスの新規プロジェクトとあり、その期待感はかなり高いといえますが、従来の取引所とは一体何が異なるのでしょうか。

ここでは、Ethfinexの特徴に焦点を当て、その違いを見ていきたいと思います。

目次メニュー

Ethfinexとは?

Ethfinexとは、海外取引所Bitfinexが指導する新規プロジェクトです。そのため、多くの特徴や仕組みをビットフィネックスと共有していますが、取引所としては完全に独立した事業になります。

そもそもEthfinexが開発された理由は、ERC20トークンの情報の拠点となるような取引所を作るといったものにあります。全ての取引がETH建てもしくはETHが決済通貨となる、イーサリアムコミュニティのために開発された取引所です

またEthfinexは、世界初のハイブリット分散型取引所といわれ、ユーザーは従来の決済か、取引を直接記録していくオンチェーン決済を選ぶことができるようです。

Ethfinexトップページ

(↑プラットフォームのデザインもBitfinexと同じですね。テーマカラーが紫みたいです。)

取引方法やレバレッジといったその他のシステムはBitfinexからそのまま受け継ぎ、かつイーサリアムに特化したハイブリット分散型取引所といったまさに良い所を凝縮したプラットフォームです。

しかしEthfinexの特徴はこれだけではありません。Ethfinexを全くのオリジナルなものとする特徴が3つもあります。


特徴①取引所とコミュニティの融合

Ethfinexが開発された目的は、ERC20トークンの情報の拠点となるような取引所を作り、ユーザーが単に取引をする場ではなく、お互いが情報を共有し、学び、分析できるコミュニティを作ることです。そしてそれらを融合させることで、全く新しいプラットフォームの形をつくり上げようとしています。

ERC20トークンの価値は、コミュニティの情報に支えられています。しかしそれらの情報の多くは、様々な所に分散されているのが現状です。

これに対しEthfinexは、それらの情報が集まる場、取引ができる場を提供することでトークンの価値が高まるプラットフォームを開発しています。


特徴②トークンセール

Ethfinexでは、ICOトークンがリスト化され、ユーザーはEthfinexのアカウントから直接トークンセールに参加できます

リストアップされるトークンは、Ethfinexのチームによって入念に調査が行われており、ホワイトペーパーを始めとしたあらゆる情報がまとめてあります。ユーザーによる評価の高いプロジェクトの検索も行えるので、安心してICOに参加できます。

Ethfinexトークンリスト

(トークンの説明や、セールの開始と終了時刻、いくら調達しているかなど様々な情報が確認できます。)

また事前にETHを入れておくことで購入の優先権を得られるといった制度もあり、ICOへの参加をより身近なものとするサービスです


特徴③情報の共有や議論の場

Ethfinexには「Discussions」という掲示板のような場が設けられています。ここでユーザーは、トークンの評価、分析、議論などを行いトークンの価値を高めていきます。

Ethfinex掲示板

この「Discussions」の目的は、散漫しているトークンの情報を一つに集めるというもので、これからERC20トークンの上場が続けばさらにコミュニケーションが活発となり、有益な情報源となるのではないでしょうか。

Ethfinex掲示板

書き込みに関しては言語の問題もありますが、閲覧数やレートも表示されているので、今何に注目が集まっているかといった流れを知ることにも役立つはずです。


まとめ

今回は、Ethfinexに関する情報を集めてみました。上記の3つの特徴を始め、ハイブリット分散型取引所として従来の取引所と異なる点が数多く見られました。これからERC20トークンを上場していく意気込みも伺われます。

Bitfinexが指導するプロジェクトということもあり、そのシステムや信用に裏付けがあるので、ますます利用者が増えていくのではないでしょうか。これからもEthfinex(イーフィネックス)の動向に注目です。

※ただし現在、Bitfinexでは新規顧客の受付を停止しています。Ethfinexに関しても同様です。既にBitfinexの口座を作っている方は同一のアカウントでログインする事ができます。

イーサリアムトークンを買うならEthfinex!

動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ

Bitfinexで新規口座開設を一時停止!ビットフィネックスに代わる取引所は?

仮想通貨取引所大手Bitfinexが12月17日(日)、新規の口座開設に規制をかけました。これは、「招待コード」を持つユーザーしか新しく口座を開設できないというもので、事実上「招待制」を導入した形となります

Bitfinex口座開設画面

Bitfinexは、新規ユーザーの急増による対応と説明していますが、招待コードの具体的な取得方法は発表されていません。

今回の対応に対し、新規のユーザーはもちろんのこと、既存のユーザーも、招待制の導入によりこれから取引所はどうなっていくのかと困惑しているようです。

しかしそんな中、Bitfinexは12月21日(木)、今度は完全に新規口座開設を停止する旨を発表しました。公式サイトで「Sign Up」をクリックすると以下のようなメッセージが表示されます。

Bitfinexアナウンス

このアナウンスでは「新規口座開設が急増していること、それによるサービスの質の低下が危惧されること、そのため最大2018年1月15日(月)まで新規口座開設を停止すること」が挙げられています。

現在の所、ユーザーはこの説明内容は妥当なものと受け取っているようですが、新規口座開設が再開されても「招待制」が継続されている可能性があります

そこで、これから新規口座開設ができないといったパターンを想定して、ここではBitfinexに似たような特徴やサービスをもつ取引所を紹介したいと思います。

目次メニュー

Bitfinexに代わる取引所とは?

これから新規口座開設が行えない可能性を踏まえて、Bitfinexに代わる取引所はあるかという検証を行ってみました。

その結果、中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、Bitfinexと多くの共通点を持っていることが分かりました。ここではその理由を説明していきたいと思います。


類似点その①取扱種類

Binanceは、Bitfinexが取り扱っている通貨をほぼ同様に取り扱っています。Bitfinexは現在の所、23種類の通貨を取り扱っていますが、その70%(16種類)がBinanceでも同様に取引可能です。

上の画像は、Bitfinexが取り扱っている銘柄です。このうちBinanceは、BTC, LTC, ETH, ETC, ZEC, XMR, DASH, XRP, IOTA, EOS, OMG, BCH, NEO, QTUM, BTG, YYWを同様に取り扱っています。


類似点その②価格の動向

BitfinexとBinanceの取引価格は、ほぼ同じ価格帯同じ変動を見せる傾向にあります。

上の画像は、BitfinexとBinanceのBTC/USDの取引価格を比較したグラフです。赤がBitfinex、青がBinanceの価格変動のグラフですが、この2つの取引所は似たような変動を見せていることがわかりますね。

通常、取引所間の価格差が大きくなると、トレーダーはアービトラージと呼ばれる取引を行うので次第に価格差がなくなっていくという性質があります。

しかし上の画像からわかるように、取引所を比較すると、このように大きな価格差が見られることもしばしあります。(BitfinexとGDAXの価格比較です。)


類似点その③取引手数料

BitfinexとBinanceの類似点の3つ目として、取引手数料が挙げられます。まずBitfinexは、取引量に応じて手数料が変化するといったシステムをとっており、その取引手数料は0.08%~0.2%の範囲で発生します。

一方、Binanceは取引手数料が0.1%と設定されており、Bitfinexの0.08%~0.2%とほぼ同じ推移です。

またBinanceでは、BNBというBinanceが発行するトークンを使用することで手数料の割引が受けられ、この点に関してはBinanceに優位な点が見られます。


Bitfinexに代わる取引所Binance

Binanceは2017年に開設されたばかりの取引所ですが、わずか3か月で出来高ランキング4位となるなど、今急速に成長している取引所です。

また最近頻繁に行われているビットコインのハードフォークにもほぼ全て対応しており、なにかと話題の取引所でもあります。

今回Bitfinexで新規口座開設が停止されたことで、長くて翌年の1月15日まで開設できない、また停止が解除されたとしても、招待コードを入手できず口座開設が行えないといった可能性もあります。

それならば、Bitfinexとの類似点を多く持ち、かつハードフォークへの対応も好評価のBinanceで、取引を始めてみるのも一つの手ではないでしょうか。

フォークコインを狙うなら間違いなくBinance(バイナンス)

ビットコインのハードフォークから分裂するコインにほぼ対応!BinanceにBTCを置いておくだけでフォークコインがもらえる可能性大!いま注目の海外仮想通貨取引所です。

業者情報はこちら 公式サイトはこちら

Tether社の3,000万ドル盗難事件とBitfinex(ビットフィネックス)の関係とは?

Bitfinex(ビットフィネックス)は香港に本拠地を置く海外取引所です。世界的にも認知度が高く利用しているユーザーも多い事から最大手の仮想通貨取引所とも言えます。

ところが、Bitfinex(ビットフィネックス)にMt.Gox(マウントゴックス)を彷彿とさせるような問題が起きていると言われているので、まずは順を追って簡単にまとめてみました。

簡単にマウントゴックス(Mt.Gox)事件を振り返る

まずマウントゴックス(MT.Gox)事件を振り返ってみましょう。日本の人はこの事件をきっかけに『ビットコイン』『仮想通貨』という言葉を聞くようになったのではないでしょうか。2014年仮想通貨の取引所として東京で運営をしていたマウントゴックス社でユーザーのビットコイン約115億円相当(当時換算)が消失しました。

当時の代表マルク・カルプレス氏などが抜き取った疑いや、サイバー攻撃などからビットコインが流出したのか確かな捜査ができていませんが、多額の負債を抱えてマウントゴックス社は倒産へと追い込まれています。一時的に話題に上がったため、日本では「仮想通貨ってなに、怪しい」「ビットコインは詐欺なの?」という印象が付いてしまいましたね。

このように2014年には当時全世界のビットコイン取引量の7割を担っていたマウントゴックス(Mt.Gox)が閉鎖となった事件です。

テザー社が3,000万ドルのUSDTが盗難に合う

最近扱える取引所が増えてきている、通貨「テザー(USDT)」を発行しているTether社から3,000万ドル相当のUSDTが盗難にあったというニュースが報道されましたね。公式もアナウンス「Tether Critical Announcement」を出しており、現在一部システムの停止などを行って調査を行っているとのことです。

テザーアナウンス記事

こちらが実際のTether社のアナウンスですが、「16tg2RJuEPtZooy18Wxn2me2RhUdC94N7r」というアドレスからの送金を受け取らないようにと注意喚起されています。どうやらUSDへの払い戻しができないようにしているらしく、一般ユーザーにも影響を出さないようにしているのでしょう。

3,000万ドル相当のUSDTが盗難に合ったTether社ですが、話によると最近は怪しい動きをしている事も浮き彫りとなっています。Tether社のテザー(USDT)はもちろん自社の仮想通貨であるため自由に発行する事も可能なのですが、ここ直近で異常に発行しているとの話があります。

その発行されたUSDTがどこに行っているのかと言うと、「Bitfinex」に流れているという噂が出ています。

BitfinexとTether社の関係とは?Bitfinexは黒?白?

さきほど話しに出ていたUSDTが大量に発行されているという事を言いましたが、その行き先が「Bitfinex」へ流れている可能性があるとの事です。先日、Bitcoinの分裂騒動がありましたよね(結局分裂は無かったですが)。その際に、8月に分裂して生まれたBitcoinCash(BCH)の買い入れが非常に高まり価格が高騰しました。一時1BCH=7万円台でしたが、1BTC=28万円台まで価格は高揚。すごいですよね。

BCHの価格が高騰した原因としては、BTC(Bitcoin)の分裂によるリスク回避による動きが強かったのではないでしょうか。その結果BTC(Bitcoin)の価格は暴落しています。

さて、11月に以上のような事があった訳ですが、ここで先程のUSDTが登場します。このBTC(Bitcoin)の価格が暴落した段階で、BitfinexがTether社からUSDTを大量に買い入れ?BTCをUSDT建てで大量に購入した事によってBTC(Bitcoin)の価格を戻したという噂があるのです。

あまり関係無いとは思いますがTether社の公式サイト上では、

tether社公式サイト情報

「Industry Supporters」としてBitfinexが紹介されており、関係はあるのは間違いないです。その関係が、清く正しいものなのか、それとも…

もちろんまだ確かな情報は無いのでガセ情報かもしれませんが、もし仮に真実であった場合には海外仮想通貨取引所としてのBitfinexは裏で価格を操作していたとして処罰を受ける可能性もあります。そこでタイトルに戻りますが、Bitfinexがマウントゴックス(MT.Gox)の二の舞いになるのではないかという噂が出ています。

先程も言いましたが、まだ確かな情報ではありませんのであくまで噂程度で認識しておいてください。続報があればまだお知らせをします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金・送金方法を徹底解説!

海外仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法をこちらの記事で画像つきで分かりやすく解説をしています。

Bitfinex(ビットフィネックス)では、比較的簡単に行えるのでぜひ下の手順や画像を参考にしてみてください!

Bitfinexで入金する方法

Bitfinexの入金手順

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法手順

まずは公式サイトへアクセスし、トップページ右上にある「LOG IN」をクリックしてログインしましょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法手順

ログインすると取引画面が表示されるので、右上にある「Deposit」をクリックします。

すると入金画面に移動することができるので、そこで入金を行っていきます。


仮想通貨で入金する方法

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法手順

「Deposit」をクリックすると、Bitfinexに入金できる仮想通貨の一覧が表示されます。

ここでは試しにビットコインを選択してみます。仮想通貨の一覧から「Bitcoin」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法手順

するとビットコインの入金画面に移行します。

中央にある「Click to generate address」をクリックしてアドレスを生成しましょう。

※画面中央上の注意事項は、新たに古いアドレスを破棄して新たにアドレスを作成しても古いアドレスは有効のままだということ、またマイナー取引手数料は、0.0003BTC以上を奨励することといった内容です。

ちなみに画面右にあるアイコンで①「アドレスのコピー」②「新たなアドレスの生成」③「QRコードの表示」が行えます。

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法手順

すると、上の画像のように英数字で構成されたアドレスが表示されます。このアドレスにビットコインを送金することで、Bitfinexへの入金が完了です!

仮想通貨の入金にかかる時間は通貨の種類で異なります。20分から30分程度の通貨が多いようです。入金にかかる時間は、各通貨の入金画面下に赤文字で記載されているのでぜひ確認してみてください。

Bitfinex(ビットフィネックス)の入金方法手順

Bitfinexでは、現物取引のほかに信用取引や仮想通貨の融資も行えます。信用取引などの口座は別々に管理される必要があり、入金先のウォレットもそれぞれ異なります。

そのため、現物取引に使用する①「Exchange Wallet」、レバレッジを効かせたショートやロングポジションを持つ場合に使用する②「Margin Wallet」、他のトレーダーに信用貸付や融資を行う③「Funding Wallet」の3つが提供されているので、入金先を間違えないように注意して下さい。

口座開設1分で完了!!すぐに取引可能

動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法を解説

海外仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類の提出方法を解説です。

Bitfinex(ビットフィネックス)が取り扱っている法定通貨はUSDのみで、USDと交換するには本人確認書類の提出が必要です。

そのため口座開設後はなるべく早く提出をしておく事をおすすめします。

Bitfinex(ビットフィネックス)で本人確認書類を提出する方法

USDで取引を行うには、個人情報の入力、本人確認書類の提出が必要です。

Bitfinexは海外取引所ということで、必要な個人情報や確認書類が異なってきます。

注意する点も多くあるので、以下の手順に沿って入力や提出を行ってみてください。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

Begin Vertification」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

ここでいくつかの質問に答えて、チェックをしていきます。

Account Type
個人口座
法人口座
※自分の口座タイプにチェックを入れる
residential address country
現在在住している国を選択(Japan)
residential address country
現在在住している国を選択(Japan)
reasons for requesting verification
仮想通貨を1日当たりの限度額なしでで入出金したい。
Bitfinexの仮想通貨やペアで、現物取引や信用取引を行いたい。
P2Pレンディング市場に参加したい。
USD(他の法定通貨)を入金もしくは出金したい。
テザーUSDT(他のテザー通貨)を入金もしくは出金したい。
Traing APIやFunding APIを利用したい
※取引所利用(認証申請)の理由を選択し、当てはまるものにチェックを入れます。

内容に問題がなければ「continue」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

上記のような内容の画面が表示されるのでここで内容を確認しチェックし、再び「continue」をクリックします。

記載してある内容
処理に15‐20日かかること
すべての申請書やドキュメントが提出されて初めて認証が始まるということ。
現在、non-institutional customer(大口顧客、法人顧客ではない)が電信送金でUSDの入出金を行うのは難しく個人口座ではUSDを入出金することが難しいということ
Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

上記のような内容の画面が表示されるのでここで個人口座(individualaccount)か法人口座(Corporateaccount)か選択します。

口座タイプを選択すると下に必要事項・注意事項が表示されます。ので内容を確認し、「Continue to Individual/Corporate Verification」をクリックします。

必要事項
オンライン申請書をすべて記入すること
18歳以上であること
電話番号、Eメールアドレス、現住所の情報を記載すること
政府が発行する写真付きのIDを2つ提出すること
申請者が名義の銀行口座取引明細書を提出すること(最初の入金はこの口座から)
公共料金明細書などの名前と現住所が明記された証明書を提出すること(3か月以内のもの)
注意事項
すべての申請書をアルファベット表記もしくは翻訳された状態で提出して下さい。
すべてのファイルをPDF、IPEG、PNG、TEXT(txt)、MSWord形式でアップロードして下さい。
申請書内の空欄は全て必須項目です。(当てはまらない項目にはNAと入力してください)
表記に誤りがないか確認して提出して下さい。申請書の漏れもしくは重複がないよう再度確認してください。
Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

ここからは個人情報の入力です。まずは氏名とコンタクト情報を入力しましょう。

Name & Contactの「Begin」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順
記入項目の内容
Fast Name:名前をローマ字で入力
Middle Name:ミドルネームを持っていない方が多いと思うのでここでは「NA」と入力
Last Name:苗字をローマ字で入力。
Date of Birth Day:生まれた日
Date of Birth Month:生まれた月
Date of Birth Year:生まれた年
Nationality:国籍を選択
Gender:性別を選択
Telephone Number:日本のcountry codeは81です。
その後area codeに市外局番の頭の0を抜いた数字番号を入力し、残りをphone numberに入力。
(080-XXX-5494の場合:8180XXX5494)

入力が終えたら「Submit」をクリックします。この時空欄が一つもないか確認しましょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

次に住所を入力をするためにAddressの「Begin」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順
記入項目の内容
Country:現住所のある国を選択
State/Province:都道府県をローマ字で入力
City/Town:市町村をローマ字で入力
District:区域をローマ字で入力
Building Name/House Number:建物名、住宅の番号をローマ字で入力。ない場合は「NA」を入力
Street Name:丁番地ををローマ字で入力
Apartment Name:号室を数字で入力。ない場合は「NA」を入力
Zip/Postal code:郵便番号を入力
※本籍地が上記と異なる場合はNoを選択し、同様に本籍地の情報を入力する必要があります。

入力が終えたら「Submit」をクリックします。この時空欄が一つもないか確認しましょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

提出する本人確認書類を選択するためにIdentityの「Begin」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

提出する本人確認書類を選択します。

選択項目の内容
Passport:パスポート
National Id Card:国民番号※日本にはないので選択不可
Drivers License:運転免許証
Other Photo ID:上記以外の写真付き身分証明書

Bitfinexでは政府が発行する写真付きIDが2点求められるので、提出する書類を選択し「Submit」をクリックします。

これらの書類は英語で表記されたものでなくてはいけません

そのため運転免許証などを提出する場合は翻訳を一緒に提出する必要があります。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

国際送金や出金に使用する情報を入力するためにFinancialの「Begin」をクリックします。

ここではBitfinexに入金する銀行口座取引明細書の提出方法を説明します。

記入項目の内容
Bank Statement:銀行口座取引明細書のファイルを選択
Bank Name:銀行名を入力
Bank Country:銀行のある国を選択
Bank Statement Day/Month/Year:銀行口座取引明細書の発行日/月/年を選択
Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順
記入項目の内容
Employment Status:雇用状況を選択
Industry:業種を選択
Job Title:職種をローマ字で入力
Employer Name:雇用主の情報を入力
Employer State/Province:雇用主の都道府県を入力
Employer City/Town:雇用主の市町村を入力
Employer District:雇用主の区域をローマ字で入力
Employer Building Name/House Number:雇用主の建物名、住宅の番号を入力。ない場合は「NA」を入力
Employer Street Name:雇用主の丁番地ををローマ字で入力
Employer Apartment Name:雇用主の号室を数字で入力。ない場合は「NA」を入力
Employer Zip/Postal code:雇用主の郵便番号を入力
Source of Funds:資金源を選択
Net Worth US Dollars:USDで換算した自己資本額を選択
Expected Level of Investment:投資する想定額の範囲を選択
Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順
記入項目の内容※上から順番に
株式投資経験があるかを選択
普通株の投資経験の年数を入力。(上記でNOと答えた人は「NA」と入力してください。)
デリバティブの投資経験の年数で入力。上記でNOと答えた人は「NA」と入力してください。)
仮想通貨の取引はリスクを伴うということ、またそれを承認するかを選択

入力が終えたら「Submit」をクリックします。この時空欄が一つもないか確認しましょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

最後にKYCルールに基づいて宣誓書をダウンロードして筆記でサインする必要があります。

Know Your Customerの「Begin」をクリックし、PDF形式の宣誓書をダウンロードします。

ダウンロードした宣誓書を印刷し、氏名、アカウント名、Eメールアドレス、サインと日付を筆記します。

Bitfinex(ビットフィネックス)の本人確認書類提出方法手順

その宣誓書をアップロードし、「Submit」をクリックして下さい。

以上で本人確認書類の提出完了です。審査処理には15‐20日ほどかかるのでしばらく待って取引開始です!

口座開設1分で完了!!すぐに取引可能

動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ

全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

Bitfinex(ビットフィネックス)口座開設・登録方法を解説

海外仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)の口座開設(登録)方法をこちらの記事で画像つきで分かりやすく解説をしています。正しい手順で口座開設をして取引を始めましょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)で口座開設する方法

Bitfinexで口座を開設する場合は、まず公式サイトにアクセスしてアカウントを作成します。

Bitfinex(ビットフィネックス)の口座開設方法手順

Bitfinex公式サイトへアクセスし、トップページ 中央にある「OPEN ACCOUNT」をクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の口座開設方法手順
口座開設手順
username・・・名前
Email Address・・・メールアドレス
password・・・パスワード

ユーザーネーム、Eメールアドレス、パスワードを入力し、もう一度「OPEN ACCOUNT」ボタンをクリックします。

Bitfinex(ビットフィネックス)の口座開設方法手順

登録したメールアドレスにAction required: verify email addressというタイトルのメールが送られきます。「verify my email address」をクリックしましょう。

これで口座開設完了です。これによりBitfinexの取引画面が確認できるようになりました。

仮想通貨の入金もこれで行えるようになるので、仮想通貨同士のペアで取引が開始できます!

チェック

ただしBitfinexが取り扱っている法定通貨はUSDのみで、USDと交換するには本人確認書類の提出が必要です。

USDと交換したいという方は、口座開設のついてに本人確認書類の提出もしておきましょう。 ※本人確認書類の提出については本人確認書類の提出方法から確認できます。

口座開設1分で完了!!すぐに取引可能

動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ