Tether社の3,000万ドル盗難事件とBitfinex(ビットフィネックス)の関係とは?

Bitfinex(ビットフィネックス)は香港に本拠地を置く海外取引所です。世界的にも認知度が高く利用しているユーザーも多い事から最大手の仮想通貨取引所とも言えます。

ところが、Bitfinex(ビットフィネックス)にMt.Gox(マウントゴックス)を彷彿とさせるような問題が起きていると言われているので、まずは順を追って簡単にまとめてみました。

簡単にマウントゴックス(Mt.Gox)事件を振り返る

まずマウントゴックス(MT.Gox)事件を振り返ってみましょう。日本の人はこの事件をきっかけに『ビットコイン』『仮想通貨』という言葉を聞くようになったのではないでしょうか。2014年仮想通貨の取引所として東京で運営をしていたマウントゴックス社でユーザーのビットコイン約115億円相当(当時換算)が消失しました。

当時の代表マルク・カルプレス氏などが抜き取った疑いや、サイバー攻撃などからビットコインが流出したのか確かな捜査ができていませんが、多額の負債を抱えてマウントゴックス社は倒産へと追い込まれています。一時的に話題に上がったため、日本では「仮想通貨ってなに、怪しい」「ビットコインは詐欺なの?」という印象が付いてしまいましたね。

このように2014年には当時全世界のビットコイン取引量の7割を担っていたマウントゴックス(Mt.Gox)が閉鎖となった事件です。

テザー社が3,000万ドルのUSDTが盗難に合う

最近扱える取引所が増えてきている、通貨「テザー(USDT)」を発行しているTether社から3,000万ドル相当のUSDTが盗難にあったというニュースが報道されましたね。公式もアナウンス「Tether Critical Announcement」を出しており、現在一部システムの停止などを行って調査を行っているとのことです。

テザーアナウンス記事

こちらが実際のTether社のアナウンスですが、「16tg2RJuEPtZooy18Wxn2me2RhUdC94N7r」というアドレスからの送金を受け取らないようにと注意喚起されています。どうやらUSDへの払い戻しができないようにしているらしく、一般ユーザーにも影響を出さないようにしているのでしょう。

3,000万ドル相当のUSDTが盗難に合ったTether社ですが、話によると最近は怪しい動きをしている事も浮き彫りとなっています。Tether社のテザー(USDT)はもちろん自社の仮想通貨であるため自由に発行する事も可能なのですが、ここ直近で異常に発行しているとの話があります。

その発行されたUSDTがどこに行っているのかと言うと、「Bitfinex」に流れているという噂が出ています。

BitfinexとTether社の関係とは?Bitfinexは黒?白?

さきほど話しに出ていたUSDTが大量に発行されているという事を言いましたが、その行き先が「Bitfinex」へ流れている可能性があるとの事です。先日、Bitcoinの分裂騒動がありましたよね(結局分裂は無かったですが)。その際に、8月に分裂して生まれたBitcoinCash(BCH)の買い入れが非常に高まり価格が高騰しました。一時1BCH=7万円台でしたが、1BTC=28万円台まで価格は高揚。すごいですよね。

BCHの価格が高騰した原因としては、BTC(Bitcoin)の分裂によるリスク回避による動きが強かったのではないでしょうか。その結果BTC(Bitcoin)の価格は暴落しています。

さて、11月に以上のような事があった訳ですが、ここで先程のUSDTが登場します。このBTC(Bitcoin)の価格が暴落した段階で、BitfinexがTether社からUSDTを大量に買い入れ?BTCをUSDT建てで大量に購入した事によってBTC(Bitcoin)の価格を戻したという噂があるのです。

あまり関係無いとは思いますがTether社の公式サイト上では、

tether社公式サイト情報

「Industry Supporters」としてBitfinexが紹介されており、関係はあるのは間違いないです。その関係が、清く正しいものなのか、それとも…

もちろんまだ確かな情報は無いのでガセ情報かもしれませんが、もし仮に真実であった場合には海外仮想通貨取引所としてのBitfinexは裏で価格を操作していたとして処罰を受ける可能性もあります。そこでタイトルに戻りますが、Bitfinexがマウントゴックス(MT.Gox)の二の舞いになるのではないかという噂が出ています。

先程も言いましたが、まだ確かな情報ではありませんのであくまで噂程度で認識しておいてください。続報があればまだお知らせをします。

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

6月4~5週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ