仮想通貨Ontology(ONT/オントロジー)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • 企業向けのブロックチェーンを開発するプロジェクト
  • ブロックチェーン開発企業「OnChain」の後ろ盾がある
  • NEOや有力企業とのパートナーシップで期待大
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数10億枚
    オープン時期2017年11月
    公式サイトhttps://Ontology.io/
    アルゴリズムBFT

    Ontology(ONT/オントロジー)の特徴

    Ontology(ONT/オントロジー)とは、企業やビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を援助するために始まったプロジェクトです。

    ONTロゴ

    2017年11月に、中国の大手投資会社「Fosun」が出資するブロックチェーン開発企業「Onchain」によってローンチされました。

    ブロックチェーンはその画期的な仕組みから、ブロックチェーンを導入したいとする企業やビジネスは多くありますが、仕組みが大変複雑なため、なかなか導入できないところがほとんどです。

    Ontologyはそんな企業やビジネスに、独自のブロックチェーンを開発し、様々なツールやモジュールを提供してブロックチェーンの導入を促進しています。

    ONT仕組み

    このような、企業向けのブロックチェーンを開発するプロジェクトはいくつかありますが、Ontologyの特徴は、どのような分野にもその技術を提供できる点にあります

    そして利用者は、ブロックチェーンやモジュールの他にも、スマートコントラクトや認証管理システム、データ管理システムなどもオントロジーで開発することができるとのことです。

    Ontologyがサービスを提供する分野
    ①金融:取引記録、資産管理、セキュリティ
    ②決済:少額決済、税算出、企業間決済
    ③保険:申し立て、請求、不正管理
    ④IoT:デバイス間決済、決済自動化
    ⑤物流:サプライチェーン、物流管理
    ⑥医療:診療録の共有、処方記録
    ⑦政府:投票、登録証明、著作権

    NEOとの関係

    Ontologyは、2018年3月に「1NEO=0.2ONT」でエアドロップされました。

    ONTエアドロップ

    これは、OntologyがNEOとパートナーシップを結び、お互いのエコシステムで利益を得られる協力関係にあるためだそうです。

    そして、将来的にはNEOのプロトコルとリンクするなど、オントロジーはNEOとかなり密接な関係にあるプロジェクトになります。

    価格の推移

    ONT時価総額

    3月にBinance(バイナンス)やKucoin(クーコイン)で上場されて以来、価格は右肩上がりで上昇しています。

    プロジェクトがかなり技術の高いチームによって進められているので、期待値はかなり大きいようです。

    将来性・開発状況

    オントロジーは自身の公式サイトでロードマップを公開しており、そこには様々な開発計画が載せられています。

    ONTロードマップ

    その中で、オントロジーは「Chain Network」と「Trust Ecosystem」という2つを大きな軸を立てています。

    そして、2018年の6月に予定されているメインネットのローンチを始めとして、2020年にかけて様々なアプリやフレームワークの開発を行っていくとのことです。

    他にもZilliqaですでに導入され、イーサリアムでも開発が進む「シャーディング」なども導入されるなど、かなり注目度の高いプロジェクトとなります。

    ONTパートナー

    またパートナーを結ぶ企業に、世界最大のベンチャーキャピタルである Sequoia Capital(セコイア・キャピタル)なども見られるなど、信用の面でも大きな期待を集めています。

    価格の上がり方を見ても分かるように、将来性がかなり高いといえる通貨でしょう。



    Ontologyの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年6月30日メインネットのリリース

    6月30日:メインネットのリリース

    オントロジーのメインネット1.0がリリースされ、スマートコントラクトのサポートが開始されました。


    SNSでの評判

    ONTツイッター

    仮想通貨全体の相場が落ちているときでも、ONTが上昇するといったときがありました。

    ONTツイッター

    著名トレーダーの@henashampさんも注目する通貨です!


    ONTを取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)世界ランキング堂々1位!詳細はこちら
    Huobi(フオビー)バイナンスに次ぐ中国最大手!詳細はこちら
    Kucoin(クーコイン)注目通貨を続々と上場!詳細はこちら

    ONTの入手方法

    ONTは、Binance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってONTを購入しましょう!

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi(フォビー)
    セキュリティ世界最高水準!

    Huobi(フオビ―)と、中国三大取引所の1つといわれる取引所です。取扱いコインが6種と多くはありませんが、金融庁登録済みの暗号資産交換業者で日本語対応!!そのため安心して取引が出来ると最近日本でも人気が出てきた取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Coincheck

    Coincheck(コインチェック)
    国内最多の取り扱い通貨数!

    国内取引所Coincheckは国内取引所の中でも圧倒的な人気と取引量がある人気の取引所です。「NEM流出事件」以降セキュリティの強化をし続けてるため安心して利用出来ます。そしてアルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    GMOコイン

    GMO
    入出金手数料すべて無料!

    国内取引所GMOコインは入出金にかかる手数料がすべて無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所!以前はシンプリでわかりやすい販売所を運営していましたが、取引所のサービスも開始し、今勢いに乗っている取引所です!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    bitFlyer(ビットフライヤー)
    ビットコイン取引高世界1位!

    国内取引所bitFlyerはビットコインの取引手数料が無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所!アプリも充実していて、シンプルなつくりになってるので初心者でも売買しやすく海外取引所への送金もスムーズに行う事が出来ます。

    取引所情報を見る 公式サイトへ