仮想通貨Status(SNT/ステータス)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • ICOで90億の資金調達を行ったプロジェクト
  • モバイルに特化し、チャットやブラウザといった様々な機能がある
  • 最終的にはイーサリアムベースのモバイルOSとなる
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 6,804,870,174枚
    オープン時期 2017年6月20日
    公式サイト https://status.im/
    アルゴリズム イーサリアムに依存

    Status(SNT/ステータス)の特徴

    Status(SNT/ステータス)とは、イーサリアムベースのモバイルOSを開発しようと始まったプロジェクトです。2017年6月20日にICOが行われ、発行されたトークンSNTで約90億という巨額の資金調達を行いました。

    Statusモバイルアプリ

    Statusは、ブラウザゲートウェイメッセンジャーアプリと様々な機能を持つプラットフォームであり、これらの機能を全てモバイル端末一つで利用できます。

    他にも、イーサリアム、ERC20トークンなどの保管や取引が行えたり、分散型アプリケーション(DApps)の検索やアクセスもできます

    StatusDApps

    (↑プラットフォームには、DAppsがリストで表示されています。Google PlayのDApps版のようなイメージを持つといいかもしれません。)

    Statusで利用できる機能
    ■Webブラウズ
    ■チャット、メッセージの送受信
    ■イーサリアム、ERC20トークンの保管、取引
    ■分散型アプリケーションの検索
    ■ネットワーク内のユーザーの検索

    Statusのゴールは、ブロックチェーンやスマートコントラクトの技術を使って、これらの機能がすべて1つになったコミュニティを作ることです。そして、この取り組みが実現すると今あるSNSの仕組みが変わると言われています。

    現在のSNSには、「経営者」「広告主」「ユーザー」の3つのグループが存在しますが、Statusは、SNSの運営目的はユーザーから情報やデータを収集することにあり、経営者は広告主とともに、ユーザーのニーズをコントロールしていると問題視しています。

    Status仕組み

    これに対し、StatusではSNTを保有しているユーザーが運営権を持ち、経営者として今後のプラットフォームのあり方を決定していきます。

    そして、経営者や広告主をなくしていくことで、ユーザーは広告や報酬にとらわれない情報の発信を行い、本来のあるべき姿である情報共有が行われるとされています。

    価格の推移

    SNT時価総額

    2018年1月のビットコインバブルでは、ICOを行った後から一向に変化のなかった価格が、一気に上昇しています。それからはゆるやかな下落を見せていますが、開発が進むにつれ価格の上昇が期待されます。

    将来性・開発状況

    現在のStatusは、テスト版としてリリースされている状態で、開発状況としてはまだまだ初期段階です。今利用できる機能は、グループチャット、イーサウォレット、DAppsのブラウズと他のユーザーの検索となっています。

    また、業界初のブロックチェーンスマホである「Finney」にStatusがプレインストールされてるとのことで一時期話題になりました。

    Finney

    Statusのプロジェクトは壮大で、大きな時間を要するものですが、これから機能が充実しDAppsの開発も進めば、SNTの需要は大きく拡大していくでしょう。



    Statusの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年未定 情報なし

    SNSでの評判

    SNTツイッター

    ベータ版のリリースからが本領の見せどころですね。


    SNTを取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)世界ランキング堂々1位!SNTのシェアも50%以上!詳細はこちら
    Liqui(リクイ)ICOに強いウクライナ発の取引所!詳細はこちら

    SNTの入手方法

    SNTはBinance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってSNTを購入しましょう。

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」をこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    6月2~3週目によくチェックされているコイン!

    今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

    DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi,フオビー
    バイナンスを追いかける!

    Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    Bitflyer,ビットフライヤー
    FXでも大人気の取引所!

    国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ