仮想通貨Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • プライバシーの保護、セキュリティの強化を目的としたコイン
  • ゼロ知識証明で、アドレスや送金額、送金履歴などを匿名化
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 2100万枚
    オープン時期 2016年10月28日
    公式サイト https://z.cash/
    アルゴリズム Proof of Work(Equihash)

    Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)の特徴

    Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)とは、仮想通貨取引におけるプライバシーの保護、セキュリティの強化を目的として開発されたオープンソースのプロジェクトです。

    ZEC-logo

    基本的な作りはビットコインと共通するものが多く、発行上限数やトランザクションの承認方法も同じなため「第2のビットコイン」ともいわれていますが、Zcashにはビットコインとは大きく異なる特徴があります。

    ジーキャッシュの最大の特徴は、「ゼロ知識証明」という暗号技術を採用している点です。

    この技術によりジーキャッシュの利用者は、送受信に使用するアドレスや送金額、送金履歴など取引に関するすべての情報を隠す(匿名性を持つ)ことができるようになりました。

    ゼロ知識証明とは、証明者が承認者に何の情報も明らかにせず「この情報を知っている」と証明して見せる方法をいいます。

    これはZECは、証明者が承認者の問いに対し正解し続けることで、「情報を知っている」と証明する技術で、身元を明らかにせず、その人が本人であると証明することが可能となっています。

    ゼロ知識証明
    ゼロ知識証明の例え
    ① 男性が外で待つ間、女性が洞窟内に入りAかBの道から奥へ進む。
    ② 洞窟内に入った男性は、女性にAかBの道から出てきて欲しいと伝える。
    ③ 始めは偶然だと思っても、女性が必ず指示した道から出てくれば、その方法を説明せずとも奥の扉を開けること可能だと証明できる。

    また、ジーキャッシュでは、売買の当事者だけが持つ「Viewing Key」というキーを使えば、隠されている取引履歴の閲覧が可能となっています。

    つまりZECは、柔軟性も持ち合わせたキュリティ対策を行っている通貨です。

    価格の推移

    ZEC時価総額

    2016年の公開直後は、40万円を超える例外ともいえる価格(投機が重なったバブル)となりました。

    その後は、一定の推移を見せており、技術への信頼、安定感が見えています。


    将来性・開発状況

    イーサリアムの生みの親ヴィタリック・ブテリン氏は、Zcashのテクノロジーをイーサリアムが持つ問題の解決策とし、2017年1月には、イーサリアムとの共同プロジェクトZOE(Zcash on Ethereum)が発表されています。

    また2017年10月には、世界的に金融サービスを展開するJPモルガンが、Zcashの技術を導入するとして話題になり、これらによってZcashの知名度は一気に飛躍しました。

    2018年には、更にネットワークの安全性を高めた「Overwinter」と、モバイルウォレットでのサポートを開始する「Sapling」という2つのメジャーなアップグレードを控え、これにより更に注目度を増すと考えられています。


    ZECの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年5月12~13日 Bitcoin and Blockchain Fair 2018, Australia
    6月30日 「Overwinter」のリリース
    9月30日 「Sapling」のリリース

    5月14日:コンセンサス2018でGemini(ジェミニ)が上場を発表

    アメリカの取引所Gemini(ジェミニ)がZECのライセンスを得たと発表し、価格が急上昇しました。

    6月30日:「Overwinter」のリリース

    Zcashのアップグレード「Overwinter」がリリースされます。

    9月30日:「Sapling」のリリース

    Zcashのアップグレード「Sapling」がリリースされます。


    SNSでの評判

    ZECツイッター

    4万円ぐらいを行き来してるZECですが、7年後には価格が170倍になるとの予想があります。

    ZECツイッター

    身元を隠すいわゆる「匿名通貨」は犯罪に使われるリスクがあるので、金融庁が好まない通貨でもあります。


    ZECを取り扱っている取引所

    Huobi(フオビー)ZEC取引高No.1!詳細はこちら
    HitBTC(ヒットビーティ―シー)200種類以上の銘柄を扱う取引所!詳細はこちら
    Binance(バイナンス)世界ランキング堂々1位!もちろんZECも取扱!詳細はこちら

    ZECの入手方法

    ZECはBinance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってZECを購入しましょう。

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BITPOINT

    bitpoint,ビットポイント
    取引・入出金手数料が無料!

    国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ