仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • トランザクションの処理能力向上を目的としたプロジェクト
  • 1秒間に2500件以上ものトランザクションを処理できる
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 126億枚
    オープン時期 2017年12月27日
    公式サイト https://www.zilliqa.com/
    アルゴリズム Proof of Work(PoW) + Byzantine Fault Tolerance(BFT)

    Zilliqa(ZIL/ジリカ)の特徴

    Zilliqa(ZIL/ジリカ)とは、数多くあるプロジェクトやプラットフォームの中で、特にトランザクションの処理能力に焦点を当てたプロジェクトです。

    ジリカロゴ

    シャーディングと呼ばれる技術を始めてブロックチェーンに導入した通貨として話題となり、今や世界1位の取引所といわれるBinanceで行われた第6回人気投票でトップとなりました。

    ジリカの特徴は、何といってもトランザクションの処理能力が高いということです。

    ビットコインが処理できるトランザクションは、1秒間に6件、イーサリアムは1秒間に15件ですが、Zilliqaはなんと、1秒間に2500件以上ものトランザクションを処理できると言われています。

    クレジットカードなどの国際決済の代表格であるVISA(1秒間に平均2000~4000件)に匹敵する処理能力です。

    では、ジリカがなぜこれほどまでの処理能力を持っているのでしょうか。

    ジリカが導入する技術「シャーディング」

    このシャーディング(sharding)とは、ネットワーク内のノード(ネットワークを構成する要素・接続ポイント)を「シャード(shard)」と呼ばれるグループに分けるという技術です。

    zilシャーディングの仕組み

    現在あるイーサリアムなどのブロックチェーンでは、ネットワークにあるすべてのノードでトランザクションを処理しています。

    しかし、一つのトランザクションに全てのノードが働かせるのは効率がよくないとして発案されたのがシャーディングです。

    シャーディングの仕組みを簡単に言うと、ノードをグループ分けすることで、全体のトランザクションを分担しようというものです。

    もし4つのシャードがあれば、ネットワークにあるトランザクションを、それぞれが4分の1ずつ並行して処理します。一つのトランザクションにすべてのノードを働かせないので、トランザクションの処理速度が向上するという仕組みです。

    また、このシャーディングによって、大きな計算量が必要なアプリケーションやスマートコントラクトの実行を効率化できるとして、イーサリアムも導入を検討しているとのことです。

    価格の推移

    ZIL時価総額

    上場後には、いくつかの取引所で上場が決まっています。

    一見グラフでは価格の変動は見られませんが、価格が数円なので、ZILを多く保有していれば1円上がるだけでも利益はかなり高くなります

    将来性・開発状況

    Zilliqaは、自身の公式サイトでロードマップを公開しています。これによると、2018年の前半でテスト(ソースコードの発表)を行い、後半でメインとなるのプラットフォームの公開を予定しています。

    ZILロードマップ

    またジリカは、今後スマートコントラクトの追加やDAppsの開発も行っていくとのことで、大変大きな注目が集まっています。

    決済手段として利用価値が高いので、開発、普及が進めば、ZILの価値は大きく高まると予想されています。



    Zilliqaの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    6月30日 テストネット2.0のリリース
    9月30日 メインネットのリリース

    6月30日:テストネット2.0のリリース

    ジリカのテストネット2.0のリリースされる予定です。

    9月30日:メインネットのリリース

    ジリカのメインネットが9月末にリリースされる予定です。


    SNSでの評判

    ZILツイッター

    開発の進捗を公開したり、計画がしっかりとしたプロジェクトは信頼がおけますよね。そのような通貨は必ず価格を上昇させていくはずです。


    ZILを取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)世界ランキング堂々1位!ZILのシェアも50%以上!詳細はこちら
    Huobi(フオビー)バイナンスに続く中国大手取引所!詳細はこちら
    Kucoin(クーコイン)KCSで配当が貰える!詳細はこちら

    ZILの入手方法

    ZILはBinance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってZILを購入しましょう。

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    仮想通貨に手数料を取る取引所なんてもう古い!

    取引や入出金手数料は無料が当たり前!

    海外取引所を使う上でどうしても必要になるのが日本円のアクセスとなる国内取引所。ただみなさんは取引、入金、出金手数料がすべて無料というのが今の国内取引所のスタンダードと知っていましたか?もし知らずに手数料を払い続けている方。この新星をチェックすべし!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    BITPOINT

    bitpoint,ビットポイント
    取引・入出金手数料が無料!

    国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    GMOコイン

    GMO
    入出金手数料すべて無料!

    国内取引所GMOコインは入出金にかかる手数料がすべて無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所です!以前まではシンプリでわかりやすい販売所を運営していましたが、取引所のサービスも開始し、今勢いに乗っている取引所です!

    取引所情報を見る 公式サイトへ