仮想通貨取引におけるリスクも覚えておこう!

仮想通貨の取引には様々なリスクが伴います。利用者のビットコインが消失したMt.Gox事件以来、仮想通貨には常にセキュリティやハッキングという言葉が付きものです。

しかし、仮想通貨には何も安全面にだけにリスクを持っているわけではありません。取引や外部要因にもリスクを持っています。

そのため、利用者はそれらのリスクを理解し、リスクを回避する準備や対策をとっておく必要があります。

取引に伴うリスク

価格変動リスク

仮想通貨の価格は大きく変動します。これは仮想通貨の取引をする大きな魅力でもありますが、同時に急激な価格変動によって大きな損失を被る可能性もあります。

また仮想通貨には、株式にある価格の急変を制限するストップ高やストップ安がなく、価格はどこまでも上昇しどこまでも下落します。

そのため対応策としては、常に価格の動向を意識し、これ以上損失が出る場合は決済するといった損切りラインを設定するのも重要です。

流動性リスク

流動性とは、取引所でどれほど容易に取引が行えるかを示すものです。そしてこの流動性は市場動向や取引量等の状況により変化します。

なぜこの性質がリスクに成りうるかというと、流動性が高いときは売買がいつでも可能なのですが、流動性が低くなると、取引が不可能もしくは困難となることがあるからです。

そのため価格の急変で取引をしたい時にできないといった事態が起きてしまい、結果不本意な価格での取引を余儀なくされる可能性があります。

この流動性は、取引の成立数を表す出来高に反映されやすいので、取引する仮想通貨の出来高も常に確認しておくことが肝心です。

送金リスク

仮想通貨はシステム上、一度送金をしたら取り消すことができません。そのため誤って大量の仮想通貨を送金してしまうといった事態も起きてしまいます。

また誤ったアドレスに送金すると、仮想通貨を完全に失ってしまうリスクもあります。

取引所では、サポートセンターに問い合わせることで対応してくれるようですが、回収不可能のリスクがゼロというわけではないので、送金の際には必ず取引額と送金先を確認する癖をつけておきましょう。

管理に伴うリスク

紛失リスク

自身のウォレットで仮想通貨の管理を行う場合、プライベートキーもしくはパスワードを紛失してしまうと、保有している仮想通貨に一切アクセスできなくなる可能性があります。

また設定時にIDやパスワードを適当に設定してしまい、アクセス時にわからなくなってしまう方もいるようです。

そのため、プライベートキーやパスワードなどは必ずどこかにメモをとり、ウォレットもバックアップを取っておくなど紛失のリスクに備える必要があります。

故障リスク

仮想通貨はPCといったハードウェアで保管することができますが、ハードウェアは必ずいつか故障するもので、中で保管している仮想通貨が回収不可能というリスクを伴います。

仮想通貨はデータなので復元も可能です。しかし、その復元に使用するプライベートキーを失ってしまうとやはり回収不可能になってしまうので、このようなキーはメモを取るなどして別管理を行う必要があります。

外部要因に伴うリスク

システム・ネットワーク障害リスク

外部環境の変化などで、取引所のシステムに障害が発生し、取引に支障が生じる場合があります。

時折サーバーがダウンするといった取引所がありますが、この時は取引が一切行えないといった状態です。

また仮想通貨はネットワークを使って取引認証を行っており、ネットワークでの確認が取れないと一定時間保留状態が続き、時には取引がキャンセルされる場合もあります。

価格変動が激しい仮想通貨において、このような取引所が利用できない状況は大きなリスクとなってしまいます。

盗難リスク

仮想通貨を取引する上で一番懸念されるのは、不正ログインやハッキングによる盗難リスクです。

これに関しては、多くの取引所がセキュリティ対策をとっていますが、それでも盗難のリスクが全くないとはいえません。

このようなリスクは一見、取引所側の問題に見えますが、盗難が起きたケースのほとんどが利用者が二段階認証を設定していなかったという問題が挙げられます。

また、オフライン環境で仮想通貨を保管するコールドストレージを提供している取引所を選択するのも、盗難リスクを回避する方法の一つです。

破綻リスク

取引所も企業です。そのため経営悪化により取引所自体が破産する可能性もあります。

万が一、仮想通貨を預けている取引所が事業を継続できなった場合、倒産法、会社法等に基づき手続きが行われ、最悪資産をすべて失う可能性があります。

そのため、一つの取引所にてすべての仮想通貨を保有するのではなく、できればいくつかの取引所で資産を等分することも考える必要があります。

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

7月1~2週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ