仮想通貨イオス(EOS)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • 分散型アプリケーションに特化したプラットフォーム
  • 1秒間に100万トランザクション処理が出来る事が特徴
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 10億枚
    オープン時期 2017年6月
    公式サイト https://eos.io/
    アルゴリズム DPoS

    EOS(イオス)の特徴

    EOS(イオス)は2017年6月から現在もICOが行われている通貨です。ICOは2018年6月1日まで行われる予定です。

    現在は通貨としての利用価値は無く、2018年6月から実際にプラットフォーム上で使用される通貨となります。

    EOSのプラットフォーム(EOS.io)はブロックチェーンの処理速度が段違いに早く、ビットコインやイーサリアムのように送金詰まりを起こす事がありません。もちろんスマートコントラクトも使えます。

    更に取引手数料がかからない事が大きな利点です。

    現在EOSはイーサリアムのブロックチェーン状で試用運転中であり、試用期間が終わればEOS独自のチェーンに移行されます。

    また、現時点でのEOSには通貨としての価値はありませんが、EOS保持者に別のトークンが付与されるなどの利用方法はあります。

    価格の推移

    EOS,チャート

    2017年7月、上場してから大きく値が跳ね上がりました。当時のピークは約400円でしたが、現在1,000円付近で安定しています。


    将来性・開発状況

    現在EOSは試用期間の段階です。2018年のEOSの開発状況は、春までにサンプルアプリケーションの開発、C ++、Rustなどのプログラミング言語のサポートなどを行います。

    そして2018年の夏/秋には、テストネットではなく安定版のEOSネット1.0をリリースする予定です。

    まだまだ時間はかかりますが、EOSネットが実用化された際にはビットコインやイーサリアムを凌ぐプラットフォームになるのではないかと予想しています。

    ビットコインが1秒に6~7トランザクションの処理、イーサリアムが1秒に15の処理なのに対してEOSは1秒間に100万トランザクションの処理が可能です。

    今は使い道の無いEOSですが、2018年6月にはEOSネット上で利用できる通貨としてスワップされます。


    Bitcoinの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    6月1日 EOSIO1.0のリリース
    6月2日 ネイティブトークンへの変更

    6月1日:EOSIO1.0のリリース

    EOSが開発するソフトウェアEOSIOのヴァージョン1が、6月1日にリリースされました。

    6月2日:ネイティブトークンへの変更

    EOSがネイティブトークンとしてリリースされ、現在のERC-20として発行されているEOSとの交換が行われました。


    SNSでの評判

    Weiss Ratingsの仮想通貨格付けで最高ランクのB!

    2018年1月にアメリカの「Weiss Ratings」と言う格付け会社から仮想通貨の格付けが発表されました。

    A、B、C、D、Eとアルファベットで評価され、Aに近ければ高評価です。

    Aの通貨は無かったのですが、BにEOSとETHが並んでおりました。BTCはと言うとB+と飛ばしてC+に位置づけられています。つまりEOSは1月時点の格付けで最高ランクのBを取ってると言う事ですね。

    現在日本での評判はあまり無い為、チャンスと言えます。


    EOS(イオス)を取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)圧倒的人気No.1取引所なら!詳細はこちら
    Huobi(フォービー)最近人気の中国取引所!詳細はこちら

    EOSの入手方法

    EOSはBinance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってEOSを購入しましょう。

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    6月2~3週目によくチェックされているコイン!

    今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

    DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi,フオビー
    バイナンスを追いかける!

    Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    Bitflyer,ビットフライヤー
    FXでも大人気の取引所!

    国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ