仮想通貨ICON(ICX/アイコン)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • 金融機関や病院、大学といった社会をつなぐプロジェクト
  • 「スマートコントラクト」や「DApps」を構築できるプラットフォーム
  • 著名な企業や機関と数多くのパートナーシップ
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 4億23万枚
    オープン時期 2017年8月24日
    公式サイト https://www.icon.foundation/
    アルゴリズム Loop Fault Tolerance

    ICON(ICX/アイコン)の特徴

    ICON(アイコン)とは、金融機関や保険会社、病院や大学といった、様々な企業や機関をつなぐネットワークです。

    そしてこのネットワークでのにおける決済や、ブロックチェーンで使われるコインをICXといいます。

    ICONには、柱となるプロジェクトに「Loopchain」というものがあります。

    ICONロゴ

    このプロジェクトでは、IDを分散して管理するシステム、保険金請求処理の自動化、仮想通貨による決済システム、医療における患者データベースの構築などが行われます。

    つまり、ICONはブロックチェーンの技術を使って、社会に寄り添ったシステムやネットワークをつくろうというプラットフォームです。

    ICONスマートコントラクト

    また、ICONは契約を自動で保存、実行する「スマートコントラクト」機能や「分散型アプリケーション(DApps)」の構築もできるため、イーサリアムやNEOといったプラットフォームとも比較されることも多いです。

    ただ、ICONにはこれらのプラットフォームと異なる特徴があり、それはICONが「Loop Fault Tolerance(LFT)」という独自のアルゴリズムを使っている点にあります。

    これにより、従来の承認方法といったマイナーへの報酬を排除し、複雑さをなくした高速なトランザクションの処理を可能としています

    価格の推移

    ICX時価総額

    多くの通貨は、ビットコインやイーサリアムといった基軸通貨の影響を受けやすいものですが、ICONはそれほど価格が引っ張られたり、押上られたりしない推移を見せています。

    またICONは韓国のプロジェクトということもあり、韓国政府の動向に影響があるのではという懸念もありますが、公共機関との繋がりがるICONにはさほど影響はないとの声もあります。


    将来性・開発状況

    ICONは、金融機関、保険、病院、大学といった様々な機関をつなぐネットワークとして開発されており、2017年には、SBIリップルアジア社や韓国の名門高麗大学といった数多くの著名企業や機関とパートナーシップを結んでいます。

    ICONパートナー

    現在は、開発初期段階で各機関でテストを行い、(大学の自動販売機でのトークンの使用など)実用性が証明されて導入するとのことです。

    なので、これから開発や導入が進めば、ICXの需要がますます伸びると考えられます

    またICONは今後、ICO(仮想通貨による資金調達)やDAppsの開発が行える場を提供していくとのことで、イーサリアムやNEOの例にとれば価格が上昇していくのではないでしょうか。


    ICONの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年6月30日 分散型取引所のローンチ

    6月30日:分散型取引所のローンチ

    ICX/ETHのペアで分散型取引所(DEX)がローンチされる予定です。


    SNSでの評判

    ICONのプロジェクト自体に注目している方も多くいます。

    やはり通貨の価格は、プロジェクトの信用と期待が重要だということがわかります。

    基軸通貨とのかね合いが、価格上昇にとって難しいところです。


    ICXを取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)ICXの圧倒的取引高!詳細はこちら
    Huobi(フオビー)Binanceに次ぐ中国大手取引所!詳細はこちら

    ICXの入手方法

    ICXはBinance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってICXを購入しましょう。

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    6月4~5週目によくチェックされているコイン!

    今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

    DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi,フオビー
    バイナンスを追いかける!

    Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    Bitflyer,ビットフライヤー
    FXでも大人気の取引所!

    国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ