仮想通貨TRON(TRX/トロン)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • クリエイターを支援するプラットフォーム
  • 仲介業者無しで、自由に映画、音楽、アニメ、漫画などを公開出来るシステム!
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 1000億枚
    オープン時期 2017年8月31日
    公式サイト https://tron.network/en.html
    アルゴリズム Proof of Stake

    トロン(TRX/TRON)の特徴

    TRON(TRX/トロン)とは、ブロックチェーンの技術を使って開発されたエンターテインメントプラットフォームです。

    このプラットフォームでは、ブロックチェーンと分散型ストレージを使って、ユーザーが自由にコンテンツを配信したり、保存したり、購読したりできます。またTRONの利用にはTRXという通貨が使われます。

    TRXロゴ

    Tronの一番の目的は、文章や画像、ビデオや音楽といったデータを自由に配信、保存できるようにすることで、コンテンツの質を高めようというものです。

    そもそも、現在ののサイトやプラットフォームで収益を得ようとすれば、広告料を払ってくる第三者の存在が必要です。

    そのため、コンテンツよりもいかに広告がよく見えるかという点に、エネルギーが注がれ、コンテンツの質が下がるといったデメリットがあります。

    しかし、仮想通貨で報酬が貰えるというシステムがあれば、良いコンテンツを作ろうというユーザーの創作意欲が増し、結果コンテンツの質の向上につながります。

    TRXロゴ

    (↑上の画面はTRONの創業者が設立したエンターテインメントプラットフォームの「Peiwo」です。)

    また、第三者が報酬をカットすることがないといったフェアな仕組みだといわれています。

    つまり「クリエイターを支援するプラットフォーム」であり、今まで日の目を浴びなかったクリエイターたちも目立てる、作ったコンテンツに気軽に投げ銭してもらえるなどたくさんの利点が生まれます。

    価格の推移

    TRXチャート

    リリースから0.2円前後で横ばいしてましたが、12月から爆発的に価格が上がり1月には約30円を記録しています。しかし現在は仮想通貨市場の過熱が落ち着いたこともあり、4~5円で推移しています。


    将来性・開発状況

    TRONは、「Exodus」「Odyssey」「Great Voyage」「Apollo」「Star Trek」「Eternity」という6つの計画を打ち出しています。

    これらは10年計画であり、コンテンツの配信、保存の仕組みや、TRXでの報酬制度といったシステムが開発されていきます。

    2018年の現時点では、初期段階の「Exodus」であり、コンテンツのアップロード、保存、配信の仕組みが構築されており、2019年の「Odessy」では、TRONでのTRXの使用が予定されています。

    TRXパートナー

    またTRONは、プラットフォームの開発だけでなく、シンガポール発の自転車シェアリングサービス「OBIKE」や、TRONの創業者であるジャスティン・サン氏が同じく創設した音楽ストリーミング「Peiwo」と連携させるなど、視野の広い事業の展開を行っていくとのことです。


    TRONの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    6月21日 メインネットのリリース

    6月21日:ネイティブトークンへ移行

    メインネットのリリースに伴って、今の規格であるERC-20トークンからTRXへ移行されます。


    SNSでの評判

    TRX,SNS

    セキュリティソフトでおなじみマカフィー社の創業者「ジョン・マカフィー」は「TRONは長期ホールドすべき」とツイートしています。

    マカフィーのツイート直後、トロンの値は跳ね上がりました。

    TRX,SNS

    トロンの創業者「ジャスティン・サン」は、日本の金融庁にトロンの上場申請を出したとツイートしています。

    国内の取引所に上場される事が実現されればかなり値が跳ね上がるでしょう。


    TRX(トロン)を取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)TRX取引高世界No.1!詳細はこちら
    Huobi(フォービー)中国大手取引所ならここ!詳細はこちら
    Bibox(ビボックス)最近流行りの新興取引所bibox!詳細はこちら

    TRXの入手方法

    TRXはBinance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってTRXを購入しましょう。

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    6月2~3週目によくチェックされているコイン!

    今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

    DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi,フオビー
    バイナンスを追いかける!

    Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    Bitflyer,ビットフライヤー
    FXでも大人気の取引所!

    国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ