コインチェック匿名通貨の廃止を検討か!?そもそもこの匿名通貨って何?

2018年1月26日に、コインチェックがNEMを流失させて以降、日本における仮想通貨事情はおおきな転換期を迎えました。

同年3月8日には、金融庁が国内の取引所7社に行政処分を下したり、また世界でもG20で仮想通貨の規制がとり上げられるなど、仮想通貨を取り巻く議論はさらに過熱しています。

そして今回、事件の当事者であるコインチェックが匿名通貨の取り扱いをやめるとの情報があり、大きな話題となりました。

そこで、ここではなぜコインチェックが匿名通貨を廃止するのかその理由を紹介したいと思います。

そもそもこの匿名通貨とは一体何なのでしょうか。

もくじ

コインチェック匿名通貨の取り扱い停止の理由は?

3月16日、コインチェックが匿名通貨と呼ばれるMonero(XRP/モネロ)、Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)、Dash(DASH/ダッシュ)の取り扱い中止を検討していると時事通信が報道しました。

その理由は、これらの通貨がマネーロンダリング(資金洗浄)に使われるリスクが高いとしたためです。

このマネーロンダリングとは、日本語で資金洗浄といわれ、麻薬、脱税、粉飾決算といった犯罪で得られた資金を様々な口座に転々とさせることで、資金の出所をわからなくする行為をいいます。

それでは、なぜモネロ、ジーキャッシュ、ダッシュといった通貨が、このような違法行為に使われる可能性があるのでしょうか。


そもそもこの匿名通貨とは?

今回、コインチェックでの取り扱いが停止される3つの通貨、モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュには共通点があります。

それは「誰が取引しているか全くわからないものにする」という点です。

これは、仮想通貨のトランザクションが公開され、誰が何を取引したかを確認することができるという特徴を問題視したもので、匿名にすることでプライバシーの保護を行おうというものです。

それでは、この3つの通貨の特徴を簡単に見ていきましょう。

まずモネロは、「リング署名」と「ワンタイムアドレス」いう機能を使います。

リング署名では、いくつかの署名と承認をグループにして、誰が署名を行ったか分からないようにし、ワンタイムパスワードという一時的なアドレスを作ることで、第三者が追跡(送金元をたどること)ができないようにしています。

ジーキャッシュでは、「ゼロ知識証明」という暗号技術を使います。

ゼロ知識証明とは、証明者が承認者に何の情報も明らかにせず「この情報を知っている」と証明して見せる方法で、アドレスや送金額、送金履歴などを明らかにせず取引ができます。

ダッシュは、複数の送金された通貨を「管理ノード」と呼ばれるプールのような場所に集め、シャッフルして受信者に送りなおすといった「Darksend」と呼ばれる仕組みがあります。

これによって誰がどれほどのダッシュを送信・受信したか判明できなくしています。


匿名通貨は悪い通貨?

上で紹介したこれらの特徴から、これらの通貨を利用すると身元が判明しないため、マネーロンダリングに利用されるとの声があります。

しかしこれらに対し、匿名通貨を支持する人たちは、匿名通貨が自体が悪いのではなく、それを悪用する犯罪者が悪いと反論しています。

また中には、政府がこのような匿名通貨を許さないという人もいます。

一方、コインチェックが匿名通貨が悪用されないよう監視できるシステムがないためともいわれています。

つまり、ネムにしろ匿名通貨にしろ、仮想通貨に問題があるのではなく、それを悪用するもの、管理するものに問題があるということです。


XRP、ZEC、DASHの取引はなくなる?

今回の報道が正しければ、コインチェックはモネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの取り扱いをやめます。

国内ではコインチェックがこれらの匿名通貨を取り扱っていたので、実質取引ができなくなることになります。

しかし、モネロやダッシュなどは時価総額ランキングでトップ10を行き来するかなり人気の高い通貨です。

また匿名だけではなく、送金スピードが速いといった特徴もあります。

取引履歴など隠すといった行為は、確かに犯罪に利用できる恐れがあります。

しかし忘れてはいけないのは、それがもともとユーザーの保護を目的とするものだということです。

イーサリアムも匿名性を高めために、Zcashで採用されている技術を導入しようとしています。

このように、マネーロンダリングのリスクが高いとはいえ、これらの通貨が取引されなくなることはまずないといえるでしょう。

Binance(バイナンス)

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
  • 世界ランク第1位!匿名通貨もバッチリ取り扱い!
  • 独自トークンBNBで手数料が安くなる!
  • 取引高も多く、スムーズな取引が可能!
  • サイトも日本語に対応しているので安心!

仮想通貨に手数料を取る取引所なんてもう古い!

取引や入出金手数料は無料が当たり前!

海外取引所を使う上でどうしても必要になるのが日本円のアクセスとなる国内取引所。ただみなさんは取引、入金、出金手数料がすべて無料というのが今の国内取引所のスタンダードと知っていましたか?もし知らずに手数料を払い続けている方。この新星をチェックすべし!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

OKEx

OKEx,オーケーイーエックス
バイナンスを追いかける!

OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

BITPOINT

bitpoint,ビットポイント
取引・入出金手数料が無料!

国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ

GMOコイン

GMO
入出金手数料すべて無料!

国内取引所GMOコインは入出金にかかる手数料がすべて無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所です!以前まではシンプリでわかりやすい販売所を運営していましたが、取引所のサービスも開始し、今勢いに乗っている取引所です!

取引所情報を見る 公式サイトへ