レバレッジ取引は失敗すると借金になる?

レバレッジをかけて取引すると大きな利益をあげることができます。

ただそこで気になるのは、損失を出してしまった場合のこと。

ここでは「レバレッジ取引に失敗したとき一体どうなるか」そのリスクや仕組みをご紹介したいと思います。

目次

リスク回避の制度

レバレッジ取引は、他人資本を使って取引を行います。

そのため、レバレッジ取引では、私たちだけではなく貸す側である取引所も大きなリスクをもっています。

貸したお金が踏み倒されるようなことがあったら商売あがったりですよね。

そこで、レバレッジを提供する取引所は、いくつか制度を設けてそのリスクを回避しようとしています。


その①証拠金維持率

まず取引所は、「証拠金維持率」というものを設定し、リスク回避(ユーザーにとってもそう)を行っています。

この証拠金維持率とは、含み損を証拠金から差し引いて計算した残高の割合をいいます。

これがどういったことかというと、レバレッジ取引を行う場合、利用者はレバレッジをかける前に「証拠金(いわゆる担保)」を取引所に預け入れる必要があります。

そして、この証拠金をもとにレバレッジをかけて取引を行っていくわけですが、ときには取引によって損失が出てしまうときもあります。

そのような損失が出るとき、取引所は「含み損(まだ未確定の損益)」を計算し、証拠金から差し引きます。

この含み損を加減した残高割合を「証拠金維持率」といい、取引所ではこれをもとに、利用者の返済能力を判断します。


その②追証

取引所は、証拠金維持率がある一定の割合を下回ると証拠金の追加を請求します。これを「追証」といいます。

例えば、証拠金維持率を50%と設定している取引所で、50万円の証拠金が取引によって20万円に減ったとします。

このとき、証拠金維持率が50%を切っているので、それを戻すために、取引所から5万円以上の証拠金の追加(=追証)が要求されます。

ただし追証にはひとつ問題点があって、追証を支払えば取引を継続できるといった特徴から、借金を負ってまで取引を継続しようという人が出てくることです。

そのため、この追証の制度は、チャンスとリスクを両方持ったもろ刃の剣のような制度ともいえます。


その③ロスカット

取引所は、証拠金維持率がある一定の割合を下回り、追証も行わないと、有無をいわさずに取引の強制決済を行います。これを「ロスカット」といいます。

ロスカットが発動されると、保有していたポジションは強制決済され、取引が自動的に解消されます。

つまり、元手である証拠金が減り、損失を出す結果となるのがロスカットです。

先ほどあげた例でいえば、取引所から受けた5万円の追証を支払わないと自動的にポジションが決済され、証拠金が20万円となる実質30万円の損失となります。


レバレッジ取引に失敗すると?

ここでは、レバレッジ取引におけるリスクや、取引所が設けているリスク回避の制度を紹介しました。

それをまとめると、以下のようになります

  • 証拠金維持率という残高の最低ラインがある
  • 証拠金維持率が一定より下回ると、追証が請求される
  • 追証を支払わないと、ロスカットが発生する

このように、取引所はもちろんのこと、ユーザーにとってもリスク回避となるような制度が設けられているのがわかりますね。

ただし、追証を行うということは追加で資金を投入することで、中には損失を取り返そうと借金までして取引を続けようとする人がいます。

そこで、取引をしているとついつい資金を突っ込んでしまうなという人は、追証がない取引所を選択することをおすすめします。

追証なしの取引では、一定額を超えるとロスカットが発生するので、ある意味「損切り(より大きな損を出すまえに決済すること)」としての役割を持っています。

下では追証がない取引所を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。


海外取引所BitMEX(ビットメックス)

業界最強!レバレッジが最大100倍までかけられる取引所です。プラスセキュリティが高いのも評判で、ビットコインで大きく稼ぐならここで取引するのが一番です。

取引所情報はこちら ここから口座開設すると「取引手数料10%OFF!」

国内取引所bitbank Trade(ビットバンクトレード)

国内取引所Bitbankのもう一つの取引所!ビットコインFXに特化し、レバレッジも最大20倍かけられるとあって、国内でかなり人気の取引所です。

取引所情報はこちら 公式サイトはこちら

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

6月4~5週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ