仮想通貨InsurChain(INSUR/インシュアチェイン)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • 保険業界に特化したプロジェクト
  • 誰もがここで保険を販売、購入、請求したりできる
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 200億枚
    オープン時期 2018年1月6日
    公式サイト http://www.insurchain.org/
    アルゴリズム イーサリアムに依存

    InsurChain(INSUR/インシュアチェイン)の特徴

    InsurChain(INSUR/インシュアチェイン)とは、ブロックチェーンの技術を使って、保険業界のためのプラットフォームを開発しようと始まったプロジェクトです。

    INSURロゴ

    2018年1月のICOで、INSURと呼ばれるトークンを発行し、50億円もの資金調達を行いました。

    このプロジェクトの開発目的として、InsurChainはまず保険が、経済成長とともに拡大するという業界であるにも関わらずいくつもの問題があるということを指摘します。

    2016年の保険料総額

    (↑世界の保険料をグラフにしたものです。)

    例えば、2017年の保険料は世界で480兆円とどの経済圏でも大きな市場でありながら、保険業界にはデータ管理の不十分、契約の不透明性、モラルハザードといった問題がたくさんあるとしています。

    保険業界の持つ問題点
    ■ 保険会社による契約が一方的なときがある
    ■ 利用規約や契約内容がユーザーにとって複雑
    ■ 保険の契約に透明性がないものがある
    ■ 膨大なデータに対し管理が不十分
    ■ 誤った請求が行われることがある
    ■ 保険があることで起きる「モラルハザード問題」
    ■ 仲介が存在することによるコスト増

    これらの問題に対しInsurChainは、ブロックチェーンやスマートコントラクトの技術がこれらの問題解決にうってつけであると考えました。

    そして、世界中の保険市場が参加できるプラットフォームを開発することで、よりよい保険業界をつくろうとしています。

    INSURコスト減

    (↑保険業界のコストをグラフ化したものです。左が従来のコスト、右がInsurChainにおけるコストのグラフですが、InsurChainを導入することで最大70%ものコスト削減が見込めるとのことです。)

    InsurChain(INSUR/インシュアチェイン)の魅力

    InsurChainの魅力は、ただブロックチェーンの技術を保険会社に提供するといったものではありません。

    その魅力は、INSURトークンを使って誰もが保険を販売したり、購入したり、請求したりできるプラットフォームだという点にあります

    例えば、個人が自分にあった保険の契約内容を発行したり、まったくの別の企業が独自に保険をユーザーに提供できたりします。

    さらに具体的なポイントを上げるとすれば、InsurChainには注目すべき機能が4つあります。

    • BizGuard:シナリオを設定する保険
    • PalsGuard:保険料を共有するシステム
    • SelfGuard:個人にあわせた保険
    • Insurance cards:保険契約やポイントのシェア

    まず1つ目のBizGuardに関してですが、これは、初めに企業があるシナリオを設定し、その条件を満たすと自動的に保険契約が履行されるというアプリケーションです。

    例えば、民泊を営む企業が「宿泊地に移動する時の事故を補償する」といった保険契約を発行します。

    そして、実際に民泊利用者が事故に合うと、自動的に事故の処理が行われ、保険料の支払いなどが行われます。

    また事故に関する示談が進まないときは、投票システムにより、InsurChainに参加する第三者によっての解決が行われます。

    INSUR仕組み

    2つ目の特徴として、PalsGuard という保険料を共有するシステムがあります

    これは、友人や家族といった親しい関係でグループを作り、INSURを少額ずつ払って基金をつくるというものです。

    そして、このグループに参加しているものに保険料が必要なものが出た場合は、この基金から弁済が行われるというシステムです。

    INSUR仕組み

    3つ目の特徴として、InsurChainでは個人にあわせた保険の発行も行えます

    このプラットフォームでは、フォームに沿って誰でも保険契約を発行でき、それをInsureChainがマッチングさせます。

    つまりInsurChainでは、個人がその人だけの保険というものを作ることができます。

    INSUR仕組み

    最後の特徴として、InsurChainは「Insurance cards」という仕組みを採用しています。

    これは、すべての保険契約が必要によって他人に譲渡したり、プレゼントしたりできるというものです。

    また従来では、1つの保険会社でしか貯まらないようなポイントも、このプラットフォームで共有することができます。

    価格の推移

    INSURチャート

    上場後からはそれほど大きな価格変動は見せていません。

    まだ上場している取引所も少なくこれからの通貨といえるでしょう。


    将来性・開発状況

    InsurChainは、2015年から保険業界を徹底的にリサーチし、このプロジェクトに関する準備を行ってきました。

    そして、2018年の8月までに最初のアプリケーション「BizGuard」がリリースされるとのことです。

    INSUR仕組み

    (↑InsurChainでは、保険契約の記録や管理のほかに、保険の格付けや投票、レビューを書いて共有できたりします。)

    そして残りの「PalsGuard」や「SelfGuard」も段階的に開発されるとのことで、これからが大いに期待できるプロジェクトといえます


    InsurChainの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年未定 情報なし

    SNSでの評判


    INSURを取り扱っている取引所

    OKEx(オーケーイーエックス)取引高世界1位!詳細はこちら
    HitBTC(ヒットビーティーシー)取扱通貨200以上!詳細はこちら

    INSURの入手方法

    INSURは、OKEx(オーケーイーエックス)での購入がおすすめです。

    しかしOKExは海外取引所のため、まず国内で通貨を買ってOKExに送金する必要があります

    そこで、お得に送金するおすすめの方法は、Zaif(ザイフ)でBTCを買って送金する方法です。

    そして国内から送金したBTCを使ってINSURを購入しましょう!

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」をこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

    仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

    これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

    仮想通貨に手数料を取る取引所なんてもう古い!

    取引や入出金手数料は無料が当たり前!

    海外取引所を使う上でどうしても必要になるのが日本円のアクセスとなる国内取引所。ただみなさんは取引、入金、出金手数料がすべて無料というのが今の国内取引所のスタンダードと知っていましたか?もし知らずに手数料を払い続けている方。この新星をチェックすべし!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    BITPOINT

    bitpoint,ビットポイント
    取引・入出金手数料が無料!

    国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    GMOコイン

    GMO
    入出金手数料すべて無料!

    国内取引所GMOコインは入出金にかかる手数料がすべて無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所です!以前まではシンプリでわかりやすい販売所を運営していましたが、取引所のサービスも開始し、今勢いに乗っている取引所です!

    取引所情報を見る 公式サイトへ