仮想通貨Theta(THETA/シータ)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • ストリーミング配信をハイスピードかつ高品質にするプラットフォーム
  • 今注目のeスポーツやVRでの活躍が期待される
  • YouTubeの共同創立者もプロジェクトに参加
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数 10億枚
    オープン時期 2017年9月1日
    公式サイト https://www.thetatoken.org/
    アルゴリズム イーサリアムに依存

    Theta(THETA/シータ)の特徴

    Theta(THETA/シータ)とは、ブロックチェーンの技術を使って、ハイスピードかつクオリティの高いストリーミングを実現しようと始まったプロジェクトです。

    THETAロゴ

    2017年9月のICOで、THETAと呼ばれるトークンを発行し、1億3000万円の資金調達を行いました。

    プロジェクトの開発目的として、初めにThetaは、今日のビデオストリーミング市場には3つの問題点があると指摘します。

    まず1つ目に、今日のコンテンツでは低品質の配信が行われ、一時停止などの問題が頻繁に起きているという問題です。

    通信速度の遅延の原因

    (↑インターネットの通信が遅いといった原因の7割近くが、ビデオ配信によって起きているといわれています。)

    2つ目は、サイトの運営に莫大なコストがかかり、そのためクリエイターなどの報酬が減っているという問題です。

    そして3つ目に、今の配信サービスは集権的で、プラットフォームや広告主が、報酬を独占するといった現象があるといった問題があげられます。

    ビデオ配信問題点

    Thetaは、これらの問題をブロックチェーンの技術を使って解決しようとプロジェクトの開発を始めました。

    Theta(THETA/シータ)が提供するサービス

    Theta(シータ)は、大きく分けて3つのソリューション(問題解決策)を提供しています。

    1つ目は、ユーザーが使用していないメモリと帯域幅を共有するというシステムです。

    これにより、ハイスピードかつ高クオリティのストリーミングを提供することができます。

    帯域幅(Bandwidth)
    帯域幅とは、通信に使われる周波数の範囲(Hz)。一般に帯域幅が広いほど通信速度が速いといわれるので、通信速度を表すことが多い。すべてのデバイスはいくらか余分な帯域幅を持っており、デバイスが使用されていないときでも発生している。
    theta解決策

    (使用していないメモリや帯域幅を他のユーザーに提供し、提供者にはTHETAトークンが支払われます。↑は寝ていてもトークンが稼げるというユーモラスな画像です。)

    2つ目は、従来の配信ネットワークにP2P(個人から個人)や分散型システムを採用するというものです。

    これにより、効率的な配信が可能になるといわれています。

    3つ目に、中央集権的なネットワークを取り除くというものです。

    その結果、コストを大幅に削減でき、クリエイターが多くの収益を得られることが期待できます。

    theta解決策

    そしてこれらの仕組みを回すインセンティブとして、ThetaのトークンであるTHETAが活用されるとのことです。

    Thetaのインセンティブ
    ■ 配信の中継はトークンのマイニングで行われる
    ⇒ THETAが貰えるので多くのマイナーがビデオ配信に貢献する
    ■ 使用していないメモリを他のユーザーに提供する
    ⇒ THETAが報酬としてもらえる
    ■ コンテンツ制作者へトークンを送ることができる
    ⇒ 質の良いコンテンツほどTHETAが貰えるので、創作意欲が高まる
    ■ 広告にはトークンの消費が必要
    ⇒ THETAが消費されることで価値が上がる
    ■ 視聴者も報酬が貰える
    ⇒ 視聴者もTHETAが貰えるため利用者が増える

    他にもThetaには、オープンソースで誰でも開発に参加できる、視聴者向けのDappsを開発できるといった、様々な特徴があります。

    またThetaは、eスポーツ、音楽、テレビ、映画、会議、ライブストリームといった数多く分野で利用されるといわれています

    価格の推移

    THETAチャート

    現在のところそれほど大きな価格変動は見られていません。

    これからが期待できる通貨といえるでしょう。


    将来性・開発状況

    THETAは、毎月100万人以上が利用するeスポーツ・ライブ・ストリーミング・プラットフォーム「SLIVER.tv」に導入されているトークンです。

    2017年12月にすでにトークンの利用が開始され、3月にはSLIVER.tvのプラットフォームと完全統合しています。

    THETA仕組み

    このSLIVER.tvとは、360°VRでeスポーツを楽しめるプラットフォーム(特許取得済み)で、さまざまな世界大会の運営元とパートナーシップを提携しているメディアです。

    THETA仕組み

    (↑SLIVER.tvは、わずか半年で50%以上もの成長率を持つ、ド級の勢いがあるメディアです。)

    VRやeスポーツはこれからさらに盛り上がるとされる分野で、その先駆的なメディアのトークンであるTHETAには大きな期待が集められています

    THETAアドバイザー

    またThetaには、あのYouTubeの共同創設者「Steve Chen」氏もアドバイザーとして参加しているのでかなり有望なプロジェクトといえるでしょう。


    Thetaの今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年6月30日 テストネットのリリース

    2018年6月30日:テストネットのリリース

    Thetaのテストネットが6月末にリリースされる予定です。


    SNSでの評判


    THETAを取り扱っている取引所

    Huobi(フオビー)THETAといえばココ!詳細はこちら
    Binance(バイナンス)世界ランキング1位!詳細はこちら

    THETAの入手方法

    THETAは、Huobi(フオビー)での購入がおすすめです。

    しかしHuobiは海外取引所のため、まず国内で通貨を買ってフオビーに送金する必要があります

    そこで、お得に送金するおすすめの方法は、Zaif(ザイフ)でBTCを買って送金する方法です。

    そして国内から送金したBTCを使ってTHETAを購入しましょう!

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」をこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

    仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

    これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    6月4~5週目によくチェックされているコイン!

    今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

    DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi,フオビー
    バイナンスを追いかける!

    Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    Bitflyer,ビットフライヤー
    FXでも大人気の取引所!

    国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ