仮想通貨TrueUSD (TUSD/トゥルーユーエスディー)とは?将来性や評判、イベント情報まとめ

チェック
  • USドルと1:1の価値で連動するプラットフォーム
  • USDTより監査や法的保護を強化した通貨
  • 目次メニュー

    コインの基本情報・特徴

    発行上限枚数11,998,508枚
    オープン時期2018年3月7日
    公式サイトhttps://www.trusttoken.com/trueusd/
    アルゴリズムBFT

    TrueUSD (TUSD/トゥルーユーエスディー)の特徴

    TrueUSD (TUSD/トゥルーユーエスディー)とは、USDドルと価格が全く同じERC20トークンです。

    TUSDロゴ

    TSUDは通貨のプロジェクトや企業の資産に頼らず「ドルを信用の基礎とする安定した仮想通貨をつくろう」と、TrustTokenというプラットフォームで開発が始められました。

    開発チームには、スタンフォード大学やカルフォルニア大学、Googleなどが参加し、TSUDのフレームワークをつくることで「法で保障された仮想通貨の開発」を目指しています。

    TUSDチーム

    このTUSDがどのようにUSドルとの連動を可能にしているのかというと、エスクロー業者(取引を仲介する第三者)との業務提携によるものです。

    TrueUSDはすでに、多くの信託銀行とパートナーを提携しており、利用者がそこの口座にドルを入金することで、それと同じ額のTUSDが利用者のウォレットに反映されます。

    この取引において、TrueUSDは利用者の資産に一切触れず、TUSDの発行もすべてスマートコントラクトで行われます。

    また安全性に関しては、信託銀行などのエスクロー業者によって本人確認や定期的な監査が行われるので、TUSDは、合法的かつ透明性やセキュリティが高い通貨といえます。

    TUSD仕組み
    交換の仕組み
    ①利用者は、信用銀行にTUSDのウォレット情報とドルを送る
    ②信用銀行がTrueUSDに入金確認の連絡
    ③TUSDを利用者のウォレットに送金
    換金の仕組み
    ①利用者がTUSDをバーン(破棄)する
    ②TrueUSDが信用銀行に連絡
    ③信用銀行が利用者にドルを送金

    USDTとの違い

    USドルと同じ価格を持つ通貨には、USDTがあります。

    最近はこのUSDTを主軸通貨として採用する取引所も多く、今の仮想通貨にとって欠かせない通貨となっていますが、このUSDTとTSUDの違いはその信頼性にあります

    例えば、以前USDTには運営会社であるテザー社が持つドルの総資産と、発行されているUSDTが一致しないとの報道がありました。

    また、盗難疑惑や監査法人との関係を打ち切るなど、USDTは財務が不健全だという話がよくあります

    これに対し、TUSDはこのような問題点を指摘し、エスクロー業者といった第三者を間に挟むことで、利用者の資産保護や価値の担保を行っています。

    またこれによって、TUSDはドルに換金できるなど、USDTには行えない特徴も持っています。

    価格の推移

    TUSD時価総額

    3月にBittrexで上場されて以来、並行した価格でしたが、バイナンスへの上場がアナウンスされ、一時価格が高騰しました。

    将来性・開発状況

    TrueUSDは公式サイトで今後の展望を紹介しています。

    その中には、将来的にTrueEuro(ユーロ)やTrueBond(債券)の発行も視野に入れているとのことです。

    TUSDパートナー

    またパートナーを結ぶ企業に、様々なファンドやファイナンシャルグループが挙げられています。

    これらの開発に携わる企業や仕組みの信頼性から、将来性がかなり高いといえる通貨でしょう



    TrueUSD の今後のイベント・ファンダメンタル情報

    2018年5月22日バイナンスへの上場

    5月22日:バイナンスへの上場

    TUSDのバイナンスへの上場が5月22日に行われます。


    SNSでの評判

    TUSDツイッター

    上場間近とあってかなりの期待が伺われますね。


    TUSDを取り扱っている取引所

    Binance(バイナンス)世界ランキング堂々1位!詳細はこちら
    Bittrex(ビットレックス)最も早くTUSDを採用!詳細はこちら

    TUSDの入手方法

    TUSDは、Binance(バイナンス)での購入がオススメです。

    しかしBinanceは海外取引所の為、まず国内で通貨を買ってバイナンスに送金する必要があります。

    お得にBinanceに送金するオススメの方法は、Zaif(ザイフ)BTCを買って送金する方法です。

    そして送金したBTCを使ってTUSDを購入しましょう!

    他にも「国内から海外に送金するお得な方法」こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi(フォビー)
    セキュリティ世界最高水準!

    Huobi(フオビ―)と、中国三大取引所の1つといわれる取引所です。取扱いコインが6種と多くはありませんが、金融庁登録済みの暗号資産交換業者で日本語対応!!そのため安心して取引が出来ると最近日本でも人気が出てきた取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Coincheck

    Coincheck(コインチェック)
    国内最多の取り扱い通貨数!

    国内取引所Coincheckは国内取引所の中でも圧倒的な人気と取引量がある人気の取引所です。「NEM流出事件」以降セキュリティの強化をし続けてるため安心して利用出来ます。そしてアルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    GMOコイン

    GMO
    入出金手数料すべて無料!

    国内取引所GMOコインは入出金にかかる手数料がすべて無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所!以前はシンプリでわかりやすい販売所を運営していましたが、取引所のサービスも開始し、今勢いに乗っている取引所です!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    bitFlyer(ビットフライヤー)
    ビットコイン取引高世界1位!

    国内取引所bitFlyerはビットコインの取引手数料が無料!100円から取引できるので初心者でも始めやすい取引所!アプリも充実していて、シンプルなつくりになってるので初心者でも売買しやすく海外取引所への送金もスムーズに行う事が出来ます。

    取引所情報を見る 公式サイトへ