Binance(バイナンス)VS Huobi(フオビー)!特徴や強みを徹底比較!

海外取引所といえばBinance(バイナンス)。これは今では当たり前のように聞こえます。

しかしここ最近、そのバイナンスを超えるのではないかといわれる取引所が出てきています。中国の大手取引所Huobi(フオビー)です。

バイナンスvsフオビー

ここでは、BinanceとHuobiの特徴やメリットを紹介し、どちらの取引所に登録すべきか項目ごとに徹底比較していきたいと思います

(※メリットやデメリットには私見が入っていることもあるのでご了承下さい。)

目次

Binance(バイナンス)とは?

Binance(バイナンス)とは、2017年に香港でサービスを開始した取引所です。

バイナンスvsフオビー

BNBというオリジナルトークンで15億円の資金調達を行い、今やその時価総額は1000億円とされています。

最近は取引委員会などから運営に関する警告を受け、マルタ共和国に拠点を移したという報道もあり、仮想通貨において名前が出ないことはない取引所です


Huobi(フオビー)とは?

Huobi(フオビー)とは、2014年に中国で設立された取引所です。

バイナンスvsフオビー

中国三大取引所の1つといわれる取引所で、設立からは本国を中心に事業を展開していました。

しかし政府の規制が入ったことで、今は「Huobi.pro」として日本、韓国、アメリカなど海外を中心に事業を行っています


比較項目①基本情報

それでは早速、この2つの取引所を項目ごとに比較していきたいと思います。まずは基本情報から。

下の図は取引種類や手数料などをまとめた基本情報の比較です。

BinanceHuobi
取引の種類現物取引現物取引、信用取引
最大レバレッジ×3倍
取引銘柄BTC, ETH, USDT 他100種類以上BTC, ETH, USDT 他100種類以上
最低取引額(購入額)BTC:0.001, ETH:0.01, USDT:1BTC:0.0001, ETH:0.001, USDT:1
日本からの送金方法仮想通貨仮想通貨
入金手数料無料無料
取引手数料0.1%0.2%
最低入金額なしBTC:0.001, ETH:0.01, USDT:100
出金手数料BTC:0.0005, ETH:0.01, USDT:4.6BTC:0.001, ETH:0.01, USDT:10

(※良いと思われる点を太字にしています。)

大きな違いとしては、バイナンスでは最低入金額が設定されていない、フオビーでは信用取引が行えるといった点でしょうか。

チェック
  • Binanceのメリット:取引手数料、出金手数料が安い、最低入金額がない
  • Huobiのメリット:信用取引がある、最低取引額が安い

  • 比較項目②セキュリティ

    続いてはセキュリティ面を比較していきたいと思います。

    セキュリティついてチェックすべきポイントは、①二段階認証が設定できるか、②資産がコールドウォレットで管理されているかです。

    他にも、独自のセキュリティ対策が行われているの見ていきましょう。

    Binance(バイナンス)のセキュリティ

    バイナンスvsフオビー

    まずバイナンスでは、今や常識となっている「②二段階認証」がもちろんサポートされています。

    また「①フィッシングコード」を設定することで、偽サイトやバイナンスを装った電子メールから個人情報を守ることもできます。

    バイナンスvsフオビー

    ↑ちなみにアカウントページでは、ログイン履歴で不正ログインがないかを確認できるので安心ですね。

    バイナンスvsフオビー

    コールドウォレットやマルチシグに関しては、公式サイトでの言及はありません。

    しかし、ユーザーの問い合わせに対し「大部分の資産はコールドウォレットで管理している」と答えているので、そこは信用していいのではないかと思います。

    チェック
  • 二段階認証が設定できる
  • フィッシング対策が設定できる
  • ログイン履歴が確認できる
  • 資産はコールドウォレットで管理されている
  • Huobi(フオビー)のセキュリティ

    バイナンスvsフオビー

    続いてHuobiに関してですが、アカウントページで「二段階認証」が設定でき、バイナンスと同じくログイン履歴を確認することもできます。

    バイナンスvsフオビー

    ↑また、Huobiではログインを行うたびにEメール認証が必要で、ログインが行われると通知が来るようにもなっています。

    バイナンスvsフオビー

    コールドウォレットやマルチシグに関しては、公式サイトのトップページで「98%以上の資産はマルチシグとコールドウォレットで管理されている」とあるので安心です。

    チェック
  • 二段階認証が設定できる
  • 認証やログインに対しメールの通知がくる
  • ログイン履歴が確認できる
  • 資産の98%以上がコールドウォレットで管理されている

  • 比較項目③デザインと使いやすさ

    お次はデザインと使いやすさを比較したいと思います。

    ただしこれに関しては人それぞれで違ってくる点なので、ここではプラットフォームのデザインと便利な機能を簡単にご紹介します。

    それでは、まずバイナンスから見ていきましょう

    Binance(バイナンス)のプラットフォーム

    バイナンスvsフオビー

    バイナンスのプラットフォームは上のようなデザインとなっています。

    白を基調として、黄緑とピンクの対比で買いや売りなどを示していますね。

    バイナンスvsフオビー

    取引画面はこのような感じです。

    このなかで①自動的に取引上限を計算したり、②資産の何%を取引するといったボタンが便利な機能となるのではないでしょうか。

    バイナンスvsフオビー

    ほかにも買いと売りの気配、強さが視覚化されたグラフもあるので、どのタイミングで注文を出すかの参考にできます。

    チェック
  • 白を基調としたデザイン
  • 資産や取引額を把握しやすい機能がある
  • 注文の気配が視覚化されたグラフがある
  • Huobi(フオビー)のプラットフォーム

    バイナンスvsフオビー

    続いてHuobiのプラットフォームです。

    フオビーのプラットフォームは、黒と紫を基調としたシックなデザインとなっていますね。(白タイプにも変更可能です。)

    バイナンスvsフオビー

    取引画面はこのような感じです。

    このなかで、一番便利と思われるものは仮想通貨をJPYに換算してくれる機能です。

    また、スライドすることで資産の何%を使って取引するかを決められるバーも便利な機能ではないでしょうか。

    バイナンスvsフオビー
    バイナンスvsフオビー

    ほかにも、フオビーではTradigView(高性能分析ツール)が使えたり、タイムゾーンを日本に設定することができる点も魅力的なポイントです。

    チェック
  • 黒を基調としたデザイン
  • 自動的に仮想通貨を日本円に換算する機能がある
  • 分析ツール(TradigView)が使える
  • タイムゾーンを変更できる

  • 比較項目④アナウンスとツイッター更新の頻度

    続いては、取引所によるアナウンスとツイッターの更新頻度を比較したいと思います。

    情報開示をいかに行っているか、どれほど有益な情報を提供しているかは、ユーザーにとって取引所を選ぶ大きな判断材料です

    公式サイトで行っているアナウンスやツイッターを比較して、この2つの取引所がどのような情報開示をしているか見てみましょう。

    アナウンスの回数と内容

    BinanceHuobi
    アナウンスの回数
    (2018年4月1日~30日)
    ・14回・43回
    アナウンスの内容・コインのペア追加
    ・入出金の停止連絡
    ・イベントの開催と終了
    ・詐欺の警告
    ・運営上の業務連絡
    ・コインのペア追加
    ・入出金の停止連絡
    ・イベントの開催と終了
    ・エアドロップ情報
    ・運営上の業務連絡

    2つの取引所のアナウンスを比べた結果、まずBinanceはイベントの開催と終了のお知らせが多く、続いて業務連絡や、リスクや詐欺の警告といった内容でした。

    そして、Huobiはコインペアの追加や、入出金の停止連絡が多かった印象を受けます。

    ツイート数と内容

    BinanceHuobi
    ツイート数
    (2018年4月1日~30日)
    ・34回・130回
    ツイート内容・コインのペア追加
    ・イベントの開催と終了
    ・問題発生の連絡とサポート
    ・運営上の業務連絡
    ・リスクの警告
    ・運営やメンバーの紹介
    ・新しい機能追加のお知らせ
    ・イベント情報
    ・ブログ更新のお知らせ
    ・仮想通貨に関連するツイート

    次はツイートの内容を見てましょう。

    まずBinanceはイベントに関する情報や、問題発生の連絡とサポートがおもにツイートされていました。

    バイナンスvsフオビー

    (↑BNBのコインバーンに関する情報のツイートです。)

    バイナンスvsフオビー

    (↑プラットフォームが重い理由を説明しています。)

    そして、Huobiではイベント情報や新しい機能の追加、運営の裏側を紹介したり、仮想通貨に関連する素朴なツイートがみられます。

    バイナンスvsフオビー

    (↑ファイナルファンタジー3が仮想通貨をすでに予想していたことへのツイートです。)

    バイナンスvsフオビー

    (↑エアドロップの情報も随時公開しています。)

    チェック
  • Binanceの主な情報開示:イベント情報、問題解決へのサポート
  • Huobiの主な情報開示:コインの追加、入出金の停止連絡、イベント情報

  • 比較項目⑤通貨上場の頻度と価格上昇率

    最後に、この2つの取引所が「どのくらい新しい通貨を上場させ」「どのくらい上場後に価格を上げているのか」を見ていきましょう。

    まずは、BinanceとHuobiで2018年3月~4月の間に新しく追加されたコインをご紹介します。

    Binanceで新しく追加されたコイン(2018年3月~4月)
    CLOAK, CTR, GNT, GRS, ONT, QLC, STORM, SYS, WAN, WPR, XEM, ZIL
    Huobiで新しく追加されたコイン(2018年3月~4月)
    ADA, AST, ONT, BTS, CTXC, KNC, STEEM, STRAT, ZRX

    バイナンスが12種類、フオビーが9種類のコインをこの2か月間で上場させていますね。

    この中でほぼ同じ時期に上場したONT(3月8日と9日)の価格上昇率を比較してみましょう。

    バイナンスvsフオビー

    上はBinanceで3月8日に上場したONT/BTCのローソク足になります。

    この日の取引高は5100万で、価格は0.0001111から始まり0.001という高値をつけました。約10倍の上昇です

    バイナンスvsフオビー

    こちらは3月9日にHuobiで上場したONT/BTCのローソク足です。

    この日の取引高は1500万で、価格は0.000137から始まり0.00049の高値。4倍の上昇率となっています

    この結果をみると、やはりバイナンスの方が人気があるとわかります。取引高も3倍以上です。

    しかし上場のタイミングや、その後の価格の推移などを考えると、一概にバイナンスで取引した方が儲けやすいとは言えないので注意してください


    結果とまとめ

    以上が今回の比較結果となります。

    BinanceとHuobiを比較して知ったのが、どちらも良い点と独自の強みがあるいうことです。

    そのため、比較結果として「どちらの取引所いい」というようなことはいえませんでした。

    バイナンスvsフオビー

    なので結論としては、上で比較した結果をぜひ参考にして、自分に合った取引所で取引をしてもらいたい!ということになります。

    (すみません、比較をしながらどちらも良いという結果になってしまいまして。)

    今回の結果のように、どちらか決めかねるという方は、口座開設は無料なのでこの際どちらにも登録しておきましょう!

    最後に余談となりますが。。。

    (個人的には、日本語に対応していて、レバレッジも掛けられるHuobi(フオビー)がおすすめです。)

    Binance(バイナンス)

    取引高ランキング世界一位!

    海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
    • 取引高ランキング世界一位!
    • 独自トークンBNBで手数料が安くなる!
    • 取引高も多く、スムーズな取引が可能!
    • 種類が多く新しい通貨にも積極的!

    Huobi(フォビー)

    中国三大取引所の一つといわれる取引所!

    海外仮想通貨取引所Huobi(フォビー)
    • 最大3倍のレバレッジがかけられる!
    • TradingViewを使って分析しながら取引出来る!
    • 日本語に対応していてJPY換算もできる!
    • 独自トークン「HT」を使って様々なサービスを利用!

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BITPOINT

    bitpoint,ビットポイント
    取引・入出金手数料が無料!

    国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ