誰でもわかるETFとは!仮想通貨でETFが承認されるとどうなるの?

突然ですが、最近このような見出しのニュースをよく見かけると思いませんか?

「ETFが市場に与える影響とは!」

「ETFが承認されると価格が爆上げする!?」

何か見たことあるような3文字。

みなさんはこの「ETF」とは何かご存知ですか?

また新しい通貨でも出たのかー、程度で流していてはいけませんよ。

このETFは、これからの仮想通貨を左右する重要な○○なんです!

そこで、ここでは「ETFとは一体何なのか」そして「仮想通貨にどのような影響を与えるのか」を解説したいと思います

わかりやすく丁寧に解説していくので、ぜひ上から読んでいただけたらと思います。

目次

(↑始めにインヴァスト証券による「ETFって何?」を見てみて下さい。以下で説明する内容がよりがわかりやすくなると思います。)


ETFとは?

ETFとは、「Exchange Traded Fund」の略称です。

日本語でいう上場投資信託、つまり「取引所で取引できる投資信託」を意味します。

etf解説図

このETF(上場投資信託)は、「株式」と「投資信託」の両方の特性を持った、株のように誰でも自由に売買ができる金融商品です。

またETFは、指数(インデックス)に連動して運用され、その種類には株式、債券、不動産、通貨、コモディティ(商品)と様々なものがあります。

キーワード

指数(インデックス)とは、市場全体の動きを表す指標をいいます。価格から市場全体の動向を数値化したもので、株式や債券、コモディティといった様々な市場を数値化したものです。

株式でいえば、日経平均と連動する「日経225連動型上場投資信託【東証コード1321】」

これは日経平均に投資する、つまりは「日本の企業全体=市場」に投資するという商品です。

日経225連動型上場投資信託チャート

そのため、市場が好調だとETFの価格も上がります

また、企業への投資に必要な知識などいらないので、ETF(上場投資信託)は、初心者でも始めやすい商品といわれています。

チェック
  • 取引所で取引できる投資信託
  • 指数(インデックス)に連動して運用される
  • 株式、債券、コモディティ(商品)などがある
  • 市場全体に投資するイメージで、初心者向けでもある

  • 投資信託とは?

    上で、ETFとは「取引所で取引できる投資信託」とご紹介しましたが、そもそもこの投資信託とは何でしょうか

    投資信託とは、①投資家から資産を集め、②それをプロが運用し、③出た利益を投資家に還元する、という金融商品です。

    個人では運用が難しい資産を、プロに任せることで利益を出してもらえるので、かなり人気の高い投資方法となります。

    投資信託の解説図

    (↑投資信託協会の解説図)

    他にも、投資信託は様々な商品に「分散投資」されるので、リスク回避が行える投資でもあります。

    ただしデメリットもあって、手数料や運用がうまくいかないといった、資産がマイナスになるという可能性もゼロではありません。

    (また投資信託を販売する証券会社や信託銀行にも、利益の一部を支払う必要があります。)

    そしてETF(上場投資信託)は、このような投資信託を、取引所を介して「リアルタイムで取引できる」というものです。

    投資信託の銘柄例
    ひふみプラス
    楽天・全米株式インデックス・ファンド
    野村インデックスファンド
    ニッセイ外国株式インデックスファンド、など
    チェック
  • 投資家から資産を集め、プロが運営する商品
  • 分散投資されているので、リスクが回避できる
  • 手数料や運営が外れると資産がマイナスになることも

  • ETFのメリット

    ETFのメリットは大きく分けて3つあります。

    1つ目は、ETFが「取引所で自由に売買ができる」という点です。

    ETFは、市場が開いている間は株式と同じように取引ができ、「指値注文」や「信用取引」も行うことができます

    2つ目に「コストが投資信託より低い」という点があります。

    投資信託を利用する場合、一般に「信託報酬」という運用に対する手数料を払います。

    ETFではこの信託報酬が、①「販売会社に払わなくてよい」②「企業調査といったコストが少ない」という点で、割安となっています。

    3つ目は、「企業に詳しくなくても、気軽に分散投資ができる」という点です。

    ETFは、日経平均といった指数、市場に投資をするので、個々の企業について詳しい必要がありません

    また、ETFは市場全体に投資するという、リスク分散()といった特徴を持ち、気軽に分散投資を始めることができます。

    企業によっては、価格が上がるものもあれば、下がるものもあります。ETFはこれら「全体」に投資するという点で、リスクの分散が行えているのです。

    チェック
  • 取引所で自由に売買ができる
  • コストが投資信託より低い
  • 企業に詳しくなくても、気軽に分散投資ができる

  • ETFのデメリット

    ETFのデメリットは大きく分けて3つあります。

    1つ目は、ETFには「売買(購入)手数料が発生する」という点です。

    一般の投資信託とは異なり、ETFでは取引を行うつど手数料を払う必要があります

    そのため取引を重ねるほど、ETFのメリットであるコスト安を相殺してしまう可能性があります。

    2つ目は、「再投資や積み立てができない」という点です。

    投資信託では、分配金が再投資され、長期で持つほど利益が倍増していくといった特徴があります。

    一方、ETFはこの再投資が行われないので、純粋に取引による「売買差額(キャピタルゲイン)」を狙うしかありません

    また自動積立などもないので、利益の出し方は、すべて自分の取引次第となります。

    3つ目は、「最低投資額が大きい」という点です。

    ETFは投資信託と比較すると最低投資額が大きく、ETFを始めるには、ある程度の資金が必要となってきます

    チェック
  • 売買(購入)手数料が発生する
  • 再投資や積み立てができない
  • 最低投資額が大きい

  • 仮想通貨におけるETF

    さて、これまで長々とETFについて話をしてきましたが本題はここから。

    それでは、仮想通貨におけるETFとは一体どのような仕組みとなるのでしょうか。

    始めにこれまで説明してきた内容を、仮想通貨に当てはめてみましょう

    まず「企業への投資」を「通貨(プロジェクト)への投資」と捉えます。

    つまり、「仮想通貨市場」全体の動きを表すインデックスと連動する投資信託(ファンド)を、リアルタイムで取引できるようになるということです

    仮想通貨では、このインデックスと連動する商品には「インデックスファンド」というものがすでにあります。

    ビットコインインデックスファンド

    このインデックスファンドとETFの違いは、インデックスファンドが一般の投信信託と同じように、売買が1日1回、取引方法に制限があるという点です。

    ETF(上場投資信託)インデックスファンド
    信託報酬安い高い
    売買価格市場の価格で決定基準価額※
    売買のタイミングいつでも1日1回
    取引方法指値注文、信用取引などなし

    (※基準価額は、純資産総額(投資家に帰属する額)/総口数(取引単位)で計算されます。)

    ちなみに、仮想通貨のETFは現時点ではまだ承認されていません

    では、このETFが承認されると一体どのような影響が出るのでしょうか。


    ETFが承認されるとどうなる?

    ETFは、証券取引委員会に運営の申請し、申請が承認されて初めて運営が行えます。

    過去には、アメリカの取引所「Gemini(ジェミニ)」やブロックチェーン企業「SolidX」が、米証券取引委員会(SEC)にETFの申請を行っていますが、いずれも否決されています。

    ウィンクルボス兄弟

    (↑映画「ソーシャルネットワーク」でもお馴染み、ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟です。)

    また7月には、再度ジェミニが、そしてシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)がETFのライセンス申請を行いました。

    そして、このETF申請のニュースを受け、6500ドルほどだったビットコインが、一時8000ドルにまで高騰します

    ビットコインチャート

    このことから、ETFに対して市場が大きく期待しているのがわかりますね。

    しかし、市場はなぜこれほどまでETFの承認に期待するのでしょうか。

    理由①:機関投資家の資金が流れる可能性がある

    ETFの承認に市場が期待する理由に「機関投資家」の資金が流れる可能性あるという点があります。

    この機関投資家とは、顧客から預かった資金を使って、巨額の資産の運営や管理を行う法人や社会団体をいいます。

    先にあげた投資信託もこれにあたり、他には保険会社や年金基金などもそうです。

    この機関投資家は、顧客の資金を預かって資産の運用を行っているので、価格変動の激しい仮想通貨への投資にはかなり慎重となっています。

    しかし、もしETFが承認されると、リスク分散といった特徴を持ち合わせるETFは、機関投資家にはかなり魅力的な商品となります

    そのため、機関投資家が運営する多額の資金が仮想通貨に流れるとされ、価格が一気に上昇すると見込まれています。

    理由②:過去ETF上場で相場が大きく上昇

    もう一つの理由に、過去に金のETF承認によって価格が高騰したという例があります

    2004年、世界最大となる金のETFが上場した時、当時450ドルだった価格が、7年後には2000ドルにまで上昇しています。

    金はかなり安定したアセットとされているため、もしそれがビットコインならどうなるのか?という話です。


    ETFの動きはチェックしておこう

    上で紹介したように、ETFが市場に与える影響や値動きというものは、かなり大きいとされています。

    そのため、ETFが承認されるかといった情報は、常にチェックするようにしておきましょう

    ちなみに、ジェミニが申請していたETFが、7月27日に否決されビットコインの価格が急落しました

    ビットコインチャート

    このように、悪材料となる可能性もあるので、これから「ETFという言葉」に敏感になっていって下さい。

    ETF運用資産残高グラフ

    最後に、上の図は日本の株式におけるETF運用資産残高です。

    これを見てもわかるように、ETFは年々その需要を伸ばしています

    もしETFが承認されると、このように仮想通貨の市場も大きくなっていくいくはずです。

    仮想通貨でもはやくETFの認可が下りて、もっと市場を盛り上げてほしいですね!

    全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

    仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

    これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BITPOINT

    bitpoint,ビットポイント
    取引・入出金手数料が無料!

    国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ