サトシ・ナカモトとBTCを開発したMartti Malmi氏、AXEと言う通貨のプロジェクトに参入。

みなさんは、マルッティ・マルミ(Martti Malmi)というプログラマーを知っていますか?

コミュニティの中では、シリウス(Sirius)という愛称で知られるこの人物。

Martti Malmi

彼がいなければ今のビットコインはなかった、といわれるほど、ビットコインの開発に大きな貢献をした人といわれています。

そのマルッティ氏がなんと、新しいプロジェクトに参加したとの情報がありました

こちらでは、マルッティ・マルミとは一体どのような人物か、そして参加が決まったプロジェクトとは、一体どのようなものか紹介していきたいと思います!

目次

マルッティ・マルミとは?

マルッティ”シリウス”マルミとは、ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」と働いていたというプログラマーです。

ビットコインの開発に初期から携わり、最初のビットコイン・ウエブサイト「Bitcoin.org」や「Bitcoin Forum」の所有権を持っている人物でもあります。

そのマルミ氏が今回、新しいプロジェクトに参加するとあって大きな話題となりました。

そこで、まずはマルッティ氏についてもう少しお話をしてみたいと思います。

ビットコイン開発に携わる経緯

みなさんもご存知の通り、サトシ・ナカモトは正体の知られていない謎の人物です。

しかし、そもそもマルッティ氏は、いかにして彼とビットコインを開発することになったのでしょうか。

Martti Malmi

2009年、当時ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)の学生だったマルッティは、ビットコインの論文を読み、その仕組みに感銘を受けます。

そして、その論文の著者であったサトシ・ナカモトに「ぜひ手伝いたい」というメールを送りました。

これがきっかけとなり、マルッティは、サトシ・ナカモトとともにビットコインの開発を行うようになります。

それからマルッティは、ビットコインの開発や、ウェブサイトやフォーラムの開設、UIの設計などに携わります

また、初めてビットコインをUSドルに換えた人物(5000BTC=$5)でもあり、ビットコインの発展に大きく貢献しました。

Martti Malmi

(↑みなさんはピザを1万ビットコインで購入した話をしっていますか?)

その後、開発を続ける上で、サトシ・ナカモトの信頼を得たマルッティは「Bitcoin.org」の管理者を任され、2回目となるビットコインのコード変更は、ほとんど彼によるものだとされています。

しかし、コミュニティの拡大と、たくさんの優秀なプログラマーが増えたという点で、自分の必要性はもうないと感じたマルッティは、2011年にビットコインを後にしました。

以上が、マルッティ氏のビットコイン開発に携わった経歴となります。


参加が発表されたプロジェクトの概要

今回、ビットコイン開発初期メンバーであるマルッティ氏が、あるプロジェクトに参加するとして話題となりました。

このプロジェクトは「GUN」といわれる分散型データベースシステムと、マルッティ氏が開発するオンライン信用評価システム「Identifi」を組み合わせたものです。

そして、このプロジェクトで発行される通貨は「AXE」と呼ばれます。

(※すでにAXEコインというものがあるようですが、これとは全くの別物です。)

GUN:分散型データベース・システム

Martti Malmi

GUNとは、オープンソースの分散型データベース・システムです。

このGUNでは、開発者はP2Pネットワークで作動するアプリを簡単に開発できます。

しかもこのネットワークでは、一部がオフラインであっても作動するという特徴があり、すでに分散型のYouTube「Dtube」などで利用されているシステムです。

Martti Malmi

Identifi:オンライン信用評価システム

Martti Malmi

Identifiとは、2014年にマルッティ氏が開発を始めた、オープンソースのオンライン信用評価システムです。

このIdentifiでは、ビットコインアドレスを始めとする、個人情報、その他様々な情報やデータを保存することができ、しかもそれらは分散型で管理されます。

さらに利用者は、それらのデータをお互い評価して、信用を与えることができる仕組みとなっています。


マルティ氏がプロジェクトに参加する理由と目指すもの

今回、この2つのデータベースシステムが協働する理由に「分散型があるべき姿」というものがあります。

まず、Identifiは「censorship-resistant identity layer」という技術を提供することで、GUNの分散型のシステムを強化できます。

この2つの技術が統合されることで、より拡張性のあるシステムを開発することができるとされています。

Martti Malmi

またマルッティ氏は、最近のブロックチェーンがアプリケーションに使われること、それが過剰に宣伝されていることに疑念を抱いています。

むしろアプリケーションの開発ではなく、それを処理できるデータベースが大切だとし、それこそが分散型の力だと発言しています。

しかし、このデータベースの開発にはかなりの人手が必要です。

そのため、開発のインセンティブとなる仮想通貨「AXE」が発表されました

これまで私たちのデータは、GoogleやAmazon、Facebookといった中央集権的な企業が管理し、実際にそれらの乱用といったケースも出てきています。

これを分散型で管理しようというのが、ビットコイン初期メンバーであるマルティ氏の考えであり、サトシ・ナカモトの考えでもあるのではないでしょうか。


全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

OKEx

OKEx,オーケーイーエックス
バイナンスを追いかける!

OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BITPOINT

bitpoint,ビットポイント
取引・入出金手数料が無料!

国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ