仮想通貨初心者でもわかる板取引の基本!

みなさんは、仮想通貨で「板」という言葉を聞かれたことありませんか?

この板は、仮想通貨を取引する上でとても重要な情報ですが、その見方や仕組みが少し複雑でなので、初めての方にはわかりにくい情報でもあります。

板取引の手順

しかし、板はどの取引所でも提供されるものであり、「これを使えないと仮想通貨の取引ができない」といっても過言ではありません。

そこで今回は、板とは何かを紹介するとともに、その板の見方や使い方を説明したいと思います

ぜひこちらの記事で「板取引」をマスターして下さい!

目次

まずは販売所と取引所の違いを知ろう

板が何かを知るには、まず仮想通貨交換業者が提供する「2つのサービス」を知る必要があります。

こちらの2つの画面を見て下さい。

板取引の手順
板取引の手順

どちらも「国内取引所bitFlyer(ビットフライヤー)」の取引画面ですが、デザインを始め、通貨の価格に違いが見えると思います。

しかし、同じ業者にもかかわらず、なぜこのような違いが見られるのでしょうか。

その理由は、仮想通貨交換業者が「販売所」と「取引所」という全く別のサービスを提供しているからです。

(ちなみに上の1つの目の画像が「販売所」の取引画面で、2つの目が「取引所」の取引画面。)

そして、このサービスの違いを知ることが、板とは何かを知ることに繋がります

販売所

「販売所」とは、交換業者が仮想通貨を保有し、ユーザーを対象に一定のレートで売買するサービスをいいます。

販売所では、決められた価格を欲しいだけ売買できるというメリットがありますが、売買価格が相場より安く/高くなるといったデメリットもあります。

また国内取引所の多くはこの販売所を設けており、むしろほとんどの取扱通貨は、この販売所を通じた売買です。

取引所

「取引所」とは、ユーザー同士の注文をマッチングさせるサービスをといいます。

取引所では、ユーザーが自ら希望する価格で注文を出せるので、注文がマッチすれば販売所よりも高い/安い価格で通貨を得られるというメリットがあります。

一方、自分の注文内容とマッチする取引相手がいない場合、取引が行えないというデメリットもあります。

また今回紹介したい板は、この「取引所」で使用される情報です。


板とは?

交換業者の2つのサービスを知った上で「板」とは何か見ていきましょう。

さきほど板は「取引所」で使われる情報だと言いましたが、それをさらに詳しく言うと、板とは、ユーザーが出した注文を価格順に並べた取引情報のことです。

(ちなみに英語ではオーダーブックと言います。)

板取引の手順

上の画像を見て下さい。こちらは「海外取引所Poloniex」の板ですが、右に「買い注文」、左に「売り注文」」と表示され、上から数字がズラリと並んでいるのがわかります。

これらの全てが、ユーザーが現在出している注文です。

つまり、ユーザーが今出している注文をまとめたものが「板」であり板情報です。

板取引の手順

他の板を見てみましょう。(こちらは「海外取引所Cryptopia」の板です。)

板のデザインは交換業者で変ってきますが、注文が「買い注文」と「売り注文」に分けられ、価格順に並べられているのがわかりますよね。


板の見方と取引成立の仕組み

板取引の手順

それでは、板の見方と取引成立の仕組みを見ていきましょう。

板の中央に「気配値」という項目があり、「840995」や「840000」といった数字が見えると思います。

この気配値とは、いわゆる取引価格をいいます。

ここではBTC/JPYの板情報を見ていますが、この「840995」「840000」という数字は「1BTCを840,995円で売る」「1BTCを840, 000円で買う」ということを表しています。

板取引の手順

840360」の気配値で見てみましょう。

左に「0.2110」という「売気配数」が見えると思いますが、これはつまり「1BTC=840,360JPY」の(BTCを売りたいという)注文注文が「0.2110」分出ていることを意味します。

そのため、この価格で0.2110分買いたいと注文を出せば、840,360×0.2110=「177,315円」を使って「0.211BTC」を入手することができます。

もちろん、売り気配数に0.211と表示されているからといって、全てを買わなければいけないというわけでなく、例えば0.01分だけでも買い注文を出すことができます。

その場合、840,360×0.01=「84,036円」を使って「0.01BTC」を入手することになります。

板取引の手順

持っているBTCを日本円に換えたいときも同様です。今度は反対側の「買気配数」で、今出されている注文を確認し、「気配値」を見てBTCを売ります。

上では「1BTCを840,000円で売る」のが、最も高い利益が得られるので、「840000」の価格で保有しているBTC分を売ります。


板を使って取引をしてみよう!

これまで板について色々説明してきましたが、やはり実際に取引をするのが一番わかりやすいと思います

といっても、すぐに仮想通貨は買えないですし、失敗したら大きな損をだしてしまうかもしれません。

そこでおススメしたいのがデモを使うこと

国内取引所QUOINEX」は、プラットフォームでデモ取引ができ、アカウントの作成などが全く必要ありません。

練習がてらデモで取引をしてみましょう。(使ってみたら意外と簡単なことがわかります!)

板取引の手順

QUOINEXのデモ取引では、初めに1,000,000JPYが与えられています。

まずはこれを使ってBTCを板取引してみましょう。

板取引の手順

始めに取引価格を決めます。

今出ている売り注文の中で、「1,153,354.36」が一番安いので、この価格でBTCを購入してみます。

気配値(レート)をクリックすると、そのまま価格が反映されます。(手打ちでもOKです。)

板取引の手順

続いて数量を選択します。

この気配値では「0.4」分のBTCが売りに出されていますが、ここでは「0.1BTC」だけ購入します。「

BTC購入」をクリックして注文を確定しましょう。

板取引の手順

すると注文が約定され、0.1BTCを入手することができます。

注文が成立した証拠に中央の売り注文が0.4から0.3に減り、上の資産残高が変わったのがわかります。

板取引の手順

売り注文を出すときも同様です。

現在出ている買い注文から一番高い気配値を選択して、売りたい数を入力し「BTC売却」を選択します。

板取引の手順

注文が約定されると、板の内容に変化が出るのはわかりますね。

板取引の手順

ちなみに、必ずしも板上の注文で取引をしないといけないわけではありません。

板にない価格でも注文を出すことができます

板取引の手順

ここでは、「1,257,500の価格で0.01BTC売りたい」という注文を出しました。

すると、このように自分の希望した注文内容が新しい板として追加されます。(1,257,500の価格で買い注文が入れば取引の成立です。)

板取引の手順
注意事項
ちなみに上で出した価格「600,000」は、先ほどまで最も高かった「500,000」の買い注文を、100,000円も上回る価格で注文となっています。

しかしこのような価格で注文を出すと、本来は50万円の相場であるBTCを、60万円で買うことになり、結果損することになります。

そのため板にない価格で注文を出すときは、価格の相場を見ながら注文を出しましょう。


板で取引ができるおススメ取引所

板の見方や取引方法がわかれば、実際に取引を行ってみましょう。

ここでは板で取引ができるおススメ取引所を「国内」と「海外」一つずつ紹介したいと思います。

Zaif(ザイフ)

海外仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)
  • 国内でアルトコインの板取引ができる!
  • 安く仮想通貨を購入できる!
  • 通貨、トークンの種類が豊富!
  • 積立投資でリスク分散ができる!

まず国内取引所では、やっぱりZaif(ザイフ)がおススメです。

シンプルで見やすい板もそうですが、何といってもBTC, ETH, BCH, NEM, MONAといった主要通貨を始め、全16種類で板取引ができる点で、圧倒的におススメです!

Binance(バイナンス)

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
  • 取扱銘柄100種類以上を板取引できる!
  • 独自トークンBNBで手数料が安くなる!
  • 取引高も多く、スムーズな取引が可能!
  • サイトも日本語に対応しているので安心!

続いて海外取引所でおススメしたい取引所はBinance(バイナンス)です。

その取扱通貨の種類もそうですが、取引所の出来高がトップレベルなので、取引が成立しないことはほぼありません!

全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

6月2~3週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ