【2018年最新】仮想通貨に新規参入する企業のまとめ!

2018年6月、以前より話が出ていたSBIグループの取引所「SBIVC」がついにサービスを開始しました。

他にも多くの企業が、仮想通貨の取引サービスを提供すると発表しており、国内での仮想通貨ますます盛り上がっていくことは間違いなさそうです。

そこで今回は、これから仮想通貨に新規参入するといわれている企業をまとめてみました

ぜひチェックしてみて下さい!

目次

SBIホールディングス

SBIロゴ
チェック
  • 2018年6月4日に「SBIVC」を開始
  • XRPを取り扱う販売所(BTC, ETH, BCH が追加予定)
  • SBIというブランド力と信頼性が強み
  • SBIホールディングスとは、グループ全体で1500万人以上の顧客基盤をもつ金融持株会社です。

    SBIホールディングスは、2018年6月4日に「SBIVC(SBIバーチャルカレンシー)」という取引所を開始しました。

    XRPを発行するリップル社とパートナーシップを提携し、XRPで日本一の取引所を目指すとしています。

    事業内容:仮想通貨取引所
    サービス開始日:2018年6月4日

    SBIVC公式:https://www.sbivc.co.jp/


    yahoo

    yahooロゴ
    チェック
  • 100%子会社Zコーポレーションを通じて参入
  • ビットアルゴ取引所東京に資本参加し、運営の支援
  • 2018年秋に取引所のサービス開始
  • Yahoo(ヤフー)とは、検索エンジンを始めとするポータルサイトを運営する企業です。

    2018年4月に、自身の100%子会社Zコーポレーションを、金融庁の登録業者である「ビットアルゴ取引所東京」に資本参加させることで、仮想通貨への新規参入を行っています。

    国内シェア第2位のヤフーグループが持つサービス運営や、セキュリティのノウハウを提供することで、より安全な取引所サービスの提供を支援するとのことです。

    事業内容:仮想通貨取引所
    サービス開始日:2018年秋予定

    ビットアルゴ公式:https://arg-trade.com/


    LINE

    LINEロゴ
    チェック
  • 「LINE Financial株式会社」を新設し、開発を進める
  • 金融庁への仮想通貨交換業の登録も申請済み
  • 7月末にサービス開始予定
  • LINEとは、テキストやチャットといったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を提供している企業です。

    2018年1月に証券やローンといった金融事業を行う子会社「LINE Financial株式会社」を設立し、仮想通貨に新規参入すると発表しました。

    そして、7月末に新たな仮想通貨取引所「BITBOX」をローンチすると発表しています。

    ただし、日本とアメリカへのサービスは提供しないとのことです。

    事業内容:取引所
    サービス開始日:7月末

    LINE Financial公式:https://linecorp.com/ja/financial


    三菱UFJファイナンシャル・グループ

    三菱UFJファイナンシャル・グループロゴ
    チェック
  • MUFGコインという独自の仮想通貨を開発中
  • MUGFコイン発行に伴う取引所も開設予定
  • 2018年内のサービス開始を予定
  • 三菱UFJファイナンシャル・グループとは、三菱東京UFJ銀行などを保有する金融持株会社です。

    現在三菱UFJファイナンシャル・グループは「MUFGコイン」という独自の仮想通貨を開発しており、加盟店での代金支払いなどに使用できる計画を立てています。

    またMUFGコインは「1円 = 1MUFGコイン」という価格となるように設定され、その利便性から決済の面で大きな期待がされています。

    さらにはMUFGコインが交換できる取引所も開発中で、こちらもコインの発行とともに開設される予定です。

    事業内容:仮想通貨発行、仮想通貨取引所
    サービス開始日:年内予定

    MUFG公式:https://www.mufg.jp/


    みずほファイナンシャルグループ

    みずほファイナンシャルグループロゴ
    チェック
  • Jコインという独自の仮想通貨を開発中
  • ゆうちょ銀行や地銀などと連携
  • 2018年内の実用化が見込まれる
  • みずほファイナンシャルグループは、みずほ銀行やみずほ信託銀行を保有する銀行持株会社です。

    ゆうちょ銀行、地銀など70を超える銀行と連携し、決済に利用できる「Jコイン」の発行を計画しています。

    Jコインの実用化が決まれば、加盟企業や店舗だけではなく一般の銀行でも利用可能なので、決済の面で期待が高まっています。

    事業内容:仮想通貨発
    サービス開始日:年内予定

    みずほFG公式:https://www.mizuho-fg.co.jp


    メルカリ

    メルカリロゴ
    チェック
  • 金融サービスを提供する子会社メルペイを新設
  • アプリ内での仮想通貨による決済を可能に
  • 現在金融庁への登録を申請中
  • メルカリとは、「メルカリ」というフリマアプリを運営する企業です。

    このアプリの国内ダウンロード数は6000万件を超え、6月にはIPOを行い東証マザーズへの上場を果たしています。

    2017年11月に「メルペイ」という金融子会社を新設し、本格的に仮想通貨の導入を計画中です。

    そしてビットコインといった仮想通貨を、アプリ内での決済に利用できるようにするために、現在金融庁への申請を行っています。

    事業内容:決済サービス
    サービス開始日:年内予定

    メルペイ公式:https://www.merpay.com/jp/


    マネックスグループ

    マネックスロゴ
    チェック
  • コインチェックを完全子会社化
  • 管理態勢などにテコ入れし、IPOも検討
  • 2018年7月での金融庁登録を目指す
  • マネックスグループとは、証券業を営むマネックス証券を子会社とする持株会社です。

    2018年4月にコインチェックを36億円で買収し、仮想通貨業界への新規参入を行っています。

    当面の目標は、みなし業者だったコインチェックの管理態勢を改善し、金融庁への登録を目指すとしています。

    またIPO(新規公開株)による上場も検討しており、コインチェックを再編すると意気込んでいます。

    事業内容:仮想通貨取引所
    サービス開始日:2018年7月~予定

    コインチェック公式:https://coincheck.com/ja/


    サイバーエージェント

    サイバーエージェントロゴ
    チェック
  • 独自の仮想通貨の発行に向け開発中
  • 仮想通貨交換業への参入は断念
  • 2019年にエンターテイメント向けに通貨を発行
  • サイバーエージェントとは、AmebaTVといったAmeba関連事業の運営とインターネット広告業を行っている企業です。

    2017年10月に100%子会社サイバーエージェントビットコインを設立し、取引所の開設に向け開発を行っていました。

    しかし、金融庁の規制強化のもと申請に延滞が生じたため、交換業ではなく独自の仮想通貨発行に事業をシフトしています。

    この通貨は、主にゲームやメディアといった、サイバーエージェントが運営するサービス内での使用が予定されており、2019年での実用化を目指しています。

    事業内容:仮想通貨発行
    サービス開始日:2019年予定

    サイバーエージェントビットコイン公式:https://www.cyberagent.co.jp/


    オウケイウェイブ

    オウケイウェイブロゴ
    チェック
  • 仮想通貨による資金調達ICOを検討
  • 自身のプラットフォームで使用する仮想通貨を開発
  • ICOに向け金融庁へ登録を申請中
  • オウケイウェイブとは、OKWAVEという日本最大のQ&Aサイトを運営する企業です。

    2017年11月に、独自トークンを発行し資金調達を行うICOを発表しました。

    そしてこのICOで、自身のプラットフォームで使用できる仮想通貨の開発を行うということです。

    またICOを行うにあたり、オウケイウェイブは金融庁への登録が必須と考え、現在登録を申請しています。

    事業内容:仮想通貨発行
    サービス開始日:未定

    オウケイウェイブ公式:https://www.okwave.co.jp/


    マネーフォワード

    マネーフォワードロゴ
    チェック
  • 子会社マネーフォワードフィナンシャルを新設し新規参入
  • 仮想通貨の管理・サポートサービスも提供
  • 2018年内での金融庁登録を目指す
  • マネーフォワードとは、資産・家計管理ツール「マネーフォワード」を運営する企業です。

    2018年3月にマネーフォワードフィナンシャルを設立し、同年5月に、仮想通貨交換業に参入する発表しました。

    マネーフォワードは、取引所の他に、独自の強みを生かして税金申告や資産管理などサポートするサービスも提供するとしています。

    また国内外の取引所と連携することで、サービスの質を向上するとしています。

    事業内容:仮想通貨取引所、管理サポートサービス
    サービス開始日:年内予定

    MFファイナンシャル公式:https://corp.mf-financial.jp/


    ヒロセ通商

    ヒロセ通商ロゴ
    チェック
  • 子会社ライオンコインを設立し新規参入
  • 仮想通貨取引事業で多角化
  • サービスや開始日は未定
  • ヒロセ通商とは、FX(外国為替証拠金取引)取引事業を展開する企業です。

    2018年1月に子会社ライオンコインの設立することを発表し、仮想通貨交換業に参入するとしています。

    ヒロセ通商は顧客満足度3年連続1位と、FX業者の中で常にランキング上位にくる企業で、仮想通貨取引に対しても期待が高まっています。

    現時点では、ライオンコインの設立や、仮想通貨事業の開発状況は更新されておらず、今のところ確認できない点が多くあります。

    事業内容:仮想通貨取引所
    サービス開始日:未定

    ヒロセ通称公式:http://hirose-fx.jp/


    その他の申請中企業

    以上が、主に仮想通貨への新規参入で話題となった企業です。

    これらの企業は現在も登録を申請中ですが、これまで申請した100を超える企業のうち「認可を受けた業者16社」という数字をみれば、これがいかに難しいプロセスかがおわかりになると思います。

    ちなみに上記の11社以外にも金融庁へ申請している企業があるので、ここでざっとご紹介します。

    • アヴァトレード・ジャパン
    • アドウェイズ
    • エイベックス
    • FXcoin
    • セレス
    • ドリコム
    • やまねメディカル

    これらの企業が参入することで、仮想通貨交換業の競争はさらに激しくなるのではないでしょうか。

    そうなると、サービス向上や手数料が下がるといった私たちの恩恵が大きくはずです。

    なのでこれから、企業には仮想通貨業界をドンドン盛り上げて欲しいですね!

    以上、仮想通貨への新規参入企業のまとめでした。

    全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

    仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

    これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    OKEx

    OKEx,オーケーイーエックス
    バイナンスを追いかける!

    OKEx(オーケーイーエックス)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、取引高もバイナンスに次ぐ世界2位!独自トークンOKBにいろいろ特典がつく点も人気の理由です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BITPOINT

    bitpoint,ビットポイント
    取引・入出金手数料が無料!

    国内取引所BITPOINTは、仮想通貨の取引、入金、出金のすべてが無料となっています。それに加え、最大25倍のレバレッジ取引や、外貨を取引できるビットコインFXもあります。他にも様々な取引ツールが使えるなど、今かなりの人気を集めている国内取引所です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが9月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ