仮想通貨取引における現物取引とは?

現物取引とは、主に金融取引で使われる用語です。

通常の取引といった意味を持ち、ここでいう現物とは実際に保有しているもの、つまり実物や所有物を意味します。

ところが現物取引という言葉は金融取引に使用するので、何か専門的な意味を持っているかのように見えます。しかし実は、私たちの生活でもこの取引が当たり前のように行われています。

例えば、私たちが何か商品を購入したりするときは、レジなどに商品を持って行きます。そして伝えられた価格に代価としてお金を支払い商品を手にします。

実はこの時点ですでに現物取引が成立しています。なぜなら私たちは、現金などの実物をお店に渡すことで商品との交換を行っているからです。

つまり私たちは日常で、持っている物(所有物)を交換する取引=現物取引を行っているのです。

仮想通貨における現物取引

仮想通貨においても同様のことが言えます。

仮想通貨は実物がないため一見、現物取引はできないのではないかと考えられます。

しかし署名したデータを送受信するという特徴から、所有物の移転を行っていると考えることができます。

そしてこの考えは仮想通貨取引所でも採用されており、取引所での基本的な売買は現物取引だとされています。

現物取引の特徴と利点

現物取引の特徴は、その取引が全て自己資本によって行われるということです。

この取引は実物(所有物)を交換するというものなので、持っている物(所有物)=自己資本という関係が成り立ちます。つまり自分が保有している分のみを交換するということです。

これは考え方によっては利点となります。

現物取引では、自分が保有している分だけしか取引が行えないので、資本が0になることはあっても借金のようにマイナスになることはありません

また資本の管理が行いやすいといったメリットもあります。

現物取引では、取引が成立した時に所有物の移転が行われるので、例えば1BTCを買うとトランザクションが完了した時点で1BTCがウォレットに反映されます。

現物取引における注文方法

仮想通貨を取引する場合は、注文方法を選択することができます。

この現物取引でも、大きく分けての3つの「指値注文」「成行注文」「逆指値注文」を選択することができます。

指値注文(Limit Order)

指値注文は、自分が指定する価格で注文を出すときに使われます。

例えばビットコインを日本円を使って購入する場合、BTC/JPYのペアに買い注文を出しますが、このとき「500,000JPYの価格で、1BTC分買い注文を出す」というように価格と量を指定するのが指値注文です。

指値注文は出せばすぐに取引が成立するというわけではありません。実際に取引が成立するのは、「1BTCを500,000JPYで売ってもいい」という注文が入ったときです。

例えば1BTC/500,000JPYの指値買い注文を出したとします。しかしその相場には1BTC/510,000JPYの売り注文しかありません。

ここで取引を成立させるには、支払うJPYを510,000に増やし1BTCを買うか、購入するBTCを0.98BTCに減らし、499,800JPYを支払うかといった指値注文を出す必要があります。

ここで注意しないといけないのは、指値の値によってはなかなか取引が成立しないという点です。

成行注文(Market Order)

自分が指定する価格で注文を出す指値に対し、相場に売買価格を任せる注文方法もあります。これを成行注文といいます。

成行注文は原則、成行買いの場合は最も安く売りたい人と、成行売りの場合は最も高く買いたい人との取引が成立します。

例えば、BTC/JPYのペアに買い注文を出すときに成行買い注文を出すとします。(成行注文ではBTCを0.1分買いたいというように数量だけを指定します。)

次に、相場には①0.1BTC/50,000JPYと②0.1BTC/51,000JPYと二つのの売り注文があったとします。

この場合どのように取引が成立するかというと、①0.1BTC/50,000JPYとの取引が成立します。なぜなら成行注文の原則から、0.1BTC/50,000JPYの方が安くBTCを手にすることができるからです。

ちなみに、成行注文は相場にある注文の中で最も高い/低い価格と取引が成立するため、注文を出すと比較的すぐに取引が成立します。

逆指値注文(Stop Order)

逆指値注文とは特別注文ともいわれ、ある一定の条件を加えた注文方法です。

具体的には、まずある一定の価格レートを事前に設定します。そして設定したレートで相場が取引を行うと、成行買いもしくは成行売りを自動的に執行するというものです。

例えば、1BTC/500,000JPYの価格帯で取引が行われている相場があり、そこに、1BTC/450,000JPYのレートを設定し、逆指値買いを注文するとします。

そして様々な価格で取引が行われ、ある時、相場で他のユーザーの取引が1BTC/450,000JPYで成立するとします。

その瞬間、成行買い注文が執行されます。そしてその相場で最も安い価格でBTCを手に入れることができます。

この逆指値は、あまり相場をチェックできない場合や、価格の急変動に対応するリスク回避などに用いられます。

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

7月1~2週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ