アメリカ大人気ドラマ「シリコンバレー」でICO!?シーズン5で仮想通貨が盛り上がるか?

みなさん、あの分散型インターネットを開発している「Pied Piper(パイドパイパー)」社が、ICOで資金調達を行うとの情報が入りました!

今回のICOで発行するトークンは、PPI(Pied Piper Coin)といわれ、数十億ドルプロジェクトともいわれるパイドパイパー社が行うとあってかなりの期待が!?

シリコンバレー

。。。すみません。

今あげた情報はすべてフィクションです。(パイドパイパー社は架空の企業で、実際には存在しません。)

実は、アメリカの大人気ドラマ「シリコンバレー」が、「ドラマ内」でICOを題材とするエピソードを放映したというだけの話です。

ただし、仮想通貨に関連する話題ということで、今回少しその内容をまとめて見ました。

日本でもAmazonプライムビデオにて大人気配信中とのことで、色々チェックしていきましょう!

目次

米人気ドラマ「シリコンバレー」とは?

シリコンバレー

シリコンバレーとは、2014年に放送が始まり現在シーズン5までがアメリカで放送されている、IT企業を題材としたコメディードラマです。

あらすじとしては、さえない主人公リチャード・ヘンドリックスが、ただの音楽ストリーミングアプリとして開発していた「データ圧縮アルゴリズム」。

この技術が、実は世界を変える「画期的なアルゴリズム」だったことで話がスタートします。

シリコンバレー

(↑ 主人公のリチャード・ヘンドリックス)

そして、その技術のあまりの有望さに大手IT企業 Hooli(フーリー)が1000万ドル(10億円)で買収の話を持ち掛けますが、それを断って自身の会社「パイドパイパー」を設立し、会社を大きくしていくというものです。

このドラマの見どころは、まずとにかくユニークなキャラクターが登場する点です。

リチャードと協力してプラットフォームの開発を行うチームには、ブラックジョークを連発するキャラや、いい人間だけど道徳的にずれていることを発言するキャラなど、一人ひとりの個性がかなり強いです。

シリコンバレー

(↑ 常にお互いを罵り合うプログラマー達)

また、もう一つの見どころは、実際の企業の運営や、それに伴う困難などをリアルに描写している点にあります。

常に他の企業から買収されそうになったり、取締役員から自分のつくった会社をクビにされるなど、キャラクターが幾度となくトラブルに巻き込まれます。

シリコンバレー

(↑ 開発したビデオチャットアプリが大人気となり、テレビ出演などで天狗になるデニッシュ。この後「児童オンライン保護法」に引っ掛かり、210億ドルの罰金を受けそうになります。)

とにかく笑えて、とにかく先が気になる。シリコンバレーは、そんな一度見だすと止まらないドラマです。


シーズン5におけるICOの経緯

それでは、シリコンバレーではどのように仮想通貨やICOが紹介されたのかを見ていきましょう。

5月6日にオンエアされたシーズン5のエピソード7 “Initial Coin Offering” では、パイドパイパー社がどうしても資金調達が必要になってくる事態が起きます

シリコンバレー

そこで、今まで融資を受けていたベンチャーキャピタルからではなく、別の方法で資金調達を行おうという話になります。それがICOです。

これにより、出資を行う企業や取締役会からの、経営に関する拘束を受けなくなるとして、CEOのリチャードはICOを行うことを決心します。

シリコンバレー

(↑ ICOの価格を見守る開発チーム。果たしてその価格は?)

ICOはこれまでも、詐欺といったネガティブワードが付きまとうものでした

しかし「シリコンバレー」の主人公たちようなホワイトな企業が、仮想通貨を発行し資金調達を行おうということで、従来のICOのイメージとは少し異なります。

このようにシリコンバレーは、今までネガティブに捉えられがちであったICOを、肯定的にストーリーに取り入れている点でかなり話題となっています


ドラマが仮想通貨を取り上げると?

2017年11月に全米視聴率No.1のコメディー「ビッグバンセオリー」が、ビットコインを題材としたエピソードを放送します

「The Bitcoin Entanglement」というタイトルのエピソードでは、あるキャラクターが以前マイニングしていたビットコインを売買しようとする内容です。

bigbang theory

このビッグバンセオリーは、視聴率No.1の超ヒットドラマで、これにより1260万人以上もの視聴者が「ビットコイン」「マイニング」「ウォレット」という言葉を耳にしたとの報道があります。

みなさんもよくご存じの通り、2017年11月から12月にかけて爆発的な普及と、価格の高騰が起きました。

もちろんこのドラマの影響とはいいがたいですが、少なくとも、このような人気のあるメディアが仮想通貨を取り上げることで、認知度や信頼度がさらに高まっていくということは間違いありません。


まとめ

以上が今回ご紹介したかった内容となります。(ほとんど海外ドラマの紹介のようになってしまったかもしれません。)

人気ドラマといったメディアの取り入れられることで、仮想通貨はさらに大衆化されたものになってきています

上で紹介した「シリコンバレー」のシーズン5は、もうすぐAmazonプライムビデオで配信されるということで、仮想通貨を応援する方から、コメディー好きまで要チェックの内容です。

これからも、エンターテインメントだけではなく、様々な分野で仮想通貨を盛り上げていってほしいですね!

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

7月1~2週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ