【仮想通貨攻略】MACDでトレンドの方向性を見定めろ!

こちらの記事では、トレーディングビューを使った仮想通貨の「攻略方法」をご紹介しています。

ここで紹介する「分析ツール」や「テクニカル分析」を、ぜひ仮想通貨取引の参考にしてみて下さい!

キーワード
  • MACD
  • 移動平均線
  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス
  • 目次

    MACDとは?

    チェック

    こちらの記事を読むには「移動平均線」や「ゴールデン・デッドクロス」などの予備知識が必要です。そんなの聞いたことないぞといわれる方は、こちらの「【仮想通貨攻略】トレンドラインと移動平均線で相場を見極めろ!」を参考にして下さい!

    MACDとは、「短期移動平均線」と「中長期移動平均線」の2本を使って、トレンドの方向性を測るインジケーターです。

    チャート上に表示される「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」などとは異なり、チャートとは別に表示される指標となります。

    MACD

    (↑ チャートの下に表示されているのがMACDです。ちなみにMACDはマックディーと呼びます。)

    MACDで使用される「移動平均線」は、従来のものとは異なり、より新しい価格に重点を置いている「指数平滑移動平均線」という平均線を採用しています。

    指数平滑移動平均線
    移動平均線
    =(1日目の終値 + 2日目の終値 + 3日目の終値)/ 3日間
    指数平滑移動平均線
    =(1日目の終値 + 2日目の終値 + 3日目の終値 + 3日目の終値)/ 4日間

    ↑ このようにMACDで使う移動平均線は、最終日の終値をもう一度足すことで、今の値動きに近い平均値が出るようになっています

    そして「指数平滑移動平均線」を使って算出される「MACD」(マックディーと同名)と、MACDの移動平均線である「シグナル」という2本の線を使って「トレンドの方向性」を測ろうというものです。

    MACD
    MACDの指標
    ① MACD = 短期平均(12日)- 中長期平均(26日)
    ② シグナル = MACDの移動平均線(9日)
    ③ ヒストグラム = MACD – シグナル

    (↑ ヒストグラムとは「MACD」から「シグナル」を引いた数値を、棒グラフ化した指標です。)

    MACD表示方法

    ちなみに、トレーディングビューでMACDを表示させる方法は、他のインジケーターと同じです。

    インジケーター」をクリックして、「内蔵」から「MACD」を選択すると、チャートの下にNACDが表示されます。

    MACD設定

    平均線のスタイルや色などは、左上にある「設定(歯車のアイコン)」から変更できます。

    また①MACDの短期平均、②中長期平均、③シグナルの日数(平均線の長さ)もここで変更可能です。


    MACDでわかること

    MACDが何かわかったところで、続いては、このインジケーターで何がわかるかを見ていきましょう

    先ほど、MACDは「トレンドの方向性」を測るために使うとお話しました。

    それを、さらに具体的に説明すれば、MACDでは、以下の3つのポイントを測ることができます。

    • トレンドの転換
    • トレンドの強さ
    • 買い、売りのタイミング

    ①トレンドの転換がわかる

    始めに、MACDでは「トレンドが転換したか」を測ることができます。

    まず、MACDには「MACD」や「シグナル」の他に、0を基軸とする縦軸が設けられています。

    MACD

    そして2本の平均線が、この0のラインをまたぐ時に「トレンドの転換」が起こります

    MACDとシグナルが0のラインをまたいで上から下に行くと「下降トレンド」、下から上にまたぐと「上昇トレンド」への転換です。

    MACD

    上の画像を見てください。

    MACDが0ラインを超えてから、相場が上昇トレンドに変わっているのがわかると思います

    ②トレンドの強さがわかる

    続いて、MACDでは「トレンドの強さ」を測ることができます。

    MACDには「MACD」と「シグナル」という2本の線がありますが、この2本の線の幅が広いほど「トレンドが強い」といえます

    MACD

    例えば、「MACD」が「シグナル」を大きく上回っているときは、上昇トレンドが強いとわかります。

    MACD

    一方、「MACD」が「シグナル」を大きく下回っているときは、下降トレンドが強いというわけです。

    そして、その2本の線の幅が離れた状態から近づき始めると、トレンドの勢いが落ちたと判断していいと思います

    買いや売りのタイミングがわかる

    最後に、MACDでは「買いや売りのタイミング」を測ることができます。

    MACDを見ていると、度々MACDの2つの線が交差することがあると見てとれると思います。

    実はこの交差点、あの移動平均線でも見ることができる「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」と同じなんです

    MACD

    こちらはゴールデンクロスのチャートです。

    「MACD」が「シグナル」を下から上にクロスした時、価格が上昇しているのがわかりますね。

    MACD

    こちらはデッドクロス。

    ゴールデンクロスとは反対に「MACD」が「シグナル」を上から下にクロスしています。

    これらのクロスが発生したときが、まさに「買い」もしくは「売り」のタイミングです!


    買いのサイン、売りのサインを見逃すな!

    以上がMACDについての解説となります。

    ここで最後に、これまでの情報を使って「買い」のポイントと「売り」のポイントを抑えていきましょう

    MACD

    上では、MACDで発生した9つのシグナルをピックアップしています。

    そこで、これらのシグナルが「買い」もしくは「売り」のどちらに当てはまるか考えてみて下さい。

    (まずは解答を見ずに答えてみましょう!)

    問題
    ①「MACD」が「シグナル」を ↓ から ↑ にクロスする
    ②「MACD」が「シグナル」の ↓ にあり、その幅が広い
    ③「MACD」が「シグナル」を ↓ から ↑ クロスする
    ④「MACD」が「シグナル」の ↑ にあり、その幅が広い
    ⑤「MACD」が「シグナル」を ↓ から ↑ クロスする
    ⑥「MACD」が「シグナル」を ↑ から ↓ にクロスする
    ⑦「MACD」が「シグナル」を ↓ から ↑ クロスする
    ⑧「MACD」が「シグナル」の ↓ にあり、その幅が広い
    ⑨「MACD」が「シグナル」を ↓ から ↑ クロスする

    それでは、解答をみていきたいと思います。

    上のMACDで出たシグナルに対し、チャートはこのような動きを見せています。

    チャート
    解答 → 理由
    ① だまし →「ヒストグラムが小さいゴールデンクロス」
    ② 売り →「強い下降トレンド」
    ③ 買い →「ゴールデンクロス」
    ④ 買い →「強い上昇トレンド」
    ⑤ 買い →「ゴールデンクロス」
    ⑥ だまし →「ヒストグラムが小さいデッドクロス」
    ⑦ だまし →「ヒストグラムが小さいゴールデンクロス」
    ⑧ 売り →「強い下降トレンド」
    ⑨ 反発 →「何らかの材料、ニュースなど」

    いかがだったでしょうか。

    MACDを使った売買のポイントは掴めましたか?

    ここでわかるように、MACDには「だまし」と呼ばれる、シグナル通りに行かない値動きをする場合もあります

    そのため、MACDだけに頼り過ぎず、仮想通貨のイベントやニュースというものを常にチェックしながら、これらのツールを使っていきましょう!


    MACDが使えるおすすめ取引所

    以上がMACDを使った分析方法となります。

    このような指標は、使っていかないとなかなか感覚がつかめないと思うので、実践あるのみです。

    そこでおすすめしたいのが、海外取引所BitMEX(ビットメックス)

    ビットメックス

    このビットメックスにはトレーディングビューが導入されているので、わざわざトレーディングビュー別に開きながら分析する必要がありません。

    また日本語に完全対応しているのでかなり使いやすく、しかも手数料も他と比べ割安です

    今回の紹介したMACDでテクニカル分析をやってみたいという方は、ぜひビットメックスを使ってみて下さい!

    他の攻略法もチェックしてみよう!

    海外取引所BitMEX(ビットメックス)

    レバレッジが最大100倍までかけられる取引所。日本語対応かつトレーディングビューも使えるので、ビットコインで大きく稼ぐならここで取引するのが一番です。

    取引所情報はこちら ここから登録すると半年間「取引手数料10%OFF!」

    全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

    仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

    これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

    大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

    海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

    海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

    7月1~2週目によくチェックされているコイン!

    今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

    DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

    話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

    初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

    セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

    Binance

    Binance,バイナンス
    不動の人気No.1海外取引所!

    これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    BitMEX

    Bitmex,ビットメックス
    レバレッジ最大100倍!

    取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    Huobi

    Huobi,フオビー
    バイナンスを追いかける!

    Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

    海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

    Zaif

    Zaif,ザイフ
    お得に仮想通貨を買うなら!

    国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitFlyer

    Bitflyer,ビットフライヤー
    FXでも大人気の取引所!

    国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

    取引所情報を見る 公式サイトへ

    bitbank

    bitbank,ビットバンク
    じわじわ人気の取引所!

    bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

    取引所情報を見る 公式サイトへ