Binance(バイナンス)の取引方法を徹底解説!板の見方や注文の仕方も紹介!

海外取引所Binance(バイナンス)の取引方法をこちらで分かりやすく解説しています。

海外取引所とあって、プラットフォームが使いにくいと感じる方もいると思いますが、基本的な取引のやり方は同じです。

板の見方注文の種類など詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

バイナンスで取引する方法

ここではバイナンスでの取引方法を紹介しています。

すでに入金されたていで話を進めていくので、入金がまだだという方は「Binance(バイナンス)の入金方法を徹底解説!」を参考にして下さい。

まずはプラットフォーム左上の「Exchange」にカーソルを合わせ、リストから「Basic」を選択して下さい。

※ここにある「Advanced」は上級者用のプラットフォームです。Basicとの違いは、インジケーターといった分析ツールや指標を使用できる点にあります。

するとバイナンスの取引画面が表示されます。

まずは右上のリストから取引したい通貨を選択しましょう。

バイナンスでは、BTC, ETH, BNB, USDTの4つの主軸通貨があります

この主軸通貨とは、取引をするペアのベースとなる通貨で、この4つ通貨どれかを使わないと、取引が行えないことを意味しています。

例えば『BTC/LTC』や『BTC/XRP』の取引は行えますが、『LTC/XRP』といったライトコインとリップルを直接取引することはできません

もし持っているLTCを使ってXRPを買いたい場合、一度ビットコインに換えて『BTC/XRP』で取引する必要があります。

ここでは、ETHとXRPを取引してみたいと思います。

まずは4つの主軸通貨からETHを選択します

すると、ETHと取引できる通貨がリストとなって表示されます。ただバイナンスは通貨が多いのでXRPを見つけるのが大変ですよね。

そこで中央のボックスで『XRP』と検索をかけて、ETH/XRPのペアを探しクリックしましょう。

すると左上の通貨が『ETH/XRP』に代わります。

これで今プラットフォームにある板やチャートといったすべての情報が変更されました。

この変更を確認出来たら、次は左の板情報を使って取引を行いましょう

板に関しては「仮想通貨初心者でもわかる板取引の基本!」で詳しく説明しているのでぜひ参考にして下さい。。


指値注文とは

まずは、Limit Order(=指値)で買い注文を出してみましょう。

板の上部(ピンク)で表示されている値は、現在出されている売り注文です。

そして、その一覧の一番下にある注文「0.00116765」が、現時点で出されている一番安い売り注文となります。

その板に出ている値をクリックしてみましょう

すると画面中央にある売買ボックスに、クリックした値が反映されます。

続いて売買数量を選択します

ここでは、持っているETHを使ってXRPを購入するので、どのくらいXRPが欲しいかをAmountのボックスに入力します。

数量を決めたら「Buy XRP」をクリックしましょう。後は自分より早く注文を出した人がいなければ約定となります。

売買数量の計算方法
上の例でいえば「0.0147255ETH」が残高なので、現時点で買えるXRPの上限がこちらの式でわかります。

残高(0.0147255) ≧ 価格(0.00116765)× 数量(X)= 上限(12)

またバイナンスでは、[25%][50%][75%][100%]といった残高に対する何%を使うかを自動で計算してくれる機能があるのでぜひ利用しましょう。
例えば上の例で[50%]をクリックすると、6XRPが数量として選択されます。

必ず板に出ている価格で注文しないといけないと言えばそうでなく、自分が指定した価格でも注文を出すことができます

その場合、買いたい価格や量を入力し「Buy」をクリックすると自分の注文が板に出され、誰かがその注文を選択すれば約定です。

続いては売り注文を出してみましょう。

板の下部(緑)で表示されている値は、現在出されている買い注文です。

そして、その一覧の一番上にある注文「0.0011675」が、現時点で出されている一番高い買い注文となります。

売り注文の出し方も買い方と同じで、板の値をクリックし、数量を決めて「Sell XRP」をクリックします。


成行注文とは

続いては、Market Order(=成行)で取引してみましょう。

成行注文とは、今出ている一番最適な価格で注文を出すことをいいます。

注文方法は簡単で、まず上の「Market」を選択し、売買したい数量を選択して「Buy」もしくは「Sell」をクリックするだけです。

これで、今注文に出されている最も高い/安い価格で売買が行えます。


逆指値注文とは

バイナンスでは、逆指値で注文も行えます。

逆指値とは、ある価格を設定し、相場がその設定した価格で取引を行うと注文が出される、自動売買のような注文方法です。

注文方法は、まず上の「Stop-Limit」を選択し、相場価格を①に設定します。

例えば①に0.0119590と入力し、相場価格が0.0119590の時に出したい注文内容を②と③で設定し「Sell XRP」をクリックします。

逆指値注文が約定する流れは、「①の価格で他のユーザーが取引を行う」→「②の価格と③の数量で注文が出される」→「それが売買されて約定」という流れになります。

この逆指値のメリットは、急な価格変動に対して損切りを行えるという点にあります。

例えば市場が下げ相場にあり、これ以上価格が下がれば大きな損が出てしまう状況があるとします。

しかし、そこは仮想通貨。相場が一気に上げに変わるときもあり、それで売ってしまうと勿体ない気もしますよね。

そこで逆指値を利用すれば、相場が下落を続ける時は、自動的に損切(相場を見切って損失を確定すること)を行い、もし価格が転換すれば、そのまま通貨を売らずに通貨を保持できるというワケです


アプリを使った取引方法

まずは左下にある「Market」で取引したい通貨を選択します。

続いて画面上部から主軸通貨を選択し、取引したいペアを選択します。右上で検索も行えます。

ペアを選択すると、チャートなどの取引情報が表示されます。

下の「Buy/Sell」から取引画面に移行しましょう。

上から注文方法(指値 or 成行)、価格数量を入力し「Buy」を選択します。

右にある板からも注文の選択が行えるので、ぜひ利用して下さい。板の見方は「指値注文」で詳しく説明しています。

チェック

Binace(バイナンス)は今や世界1位といわれる取引所です。しかし最近はそのバイナンスを猛追する取引所も出てきています。こちらの記事でその取引所とバイナンスを比較しているので、ぜひ参考がてらに見てみてください!「Binance(バイナンス)VS Huobi(フオビー)!特徴や強みを徹底比較!

Binance(バイナンス)

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
  • 取扱銘柄100種類以上!
  • 独自トークンBNBで手数料が安くなる!
  • 取引高も多く、スムーズな取引が可能!
  • サイトも日本語に対応しているので安心!

全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

バイナンスでハッキングの被害!?サービス停止中の取引所に求められる対応とは!

バイナンスがメンテナンス中というツイッターを投稿して24時間以上が立ちました。これを受け、当初の予定より長い時間がかかっているため、ハッキングの被害を受けたのではないかという噂が起きています。

特に先日のコインチェックのこともあり、(詳しくはこちら「NEM流失から学ぶセキュリティの重要性!」)ユーザーは取引所が長期に停止されることにかなり敏感です。メンテナンスは、プラットフォームを運営していく上でどうしても必要なものですが、このメンテナンスに対し何をユーザーは求めるのでしょうか

Binanceメンテナンスの経緯

2月8日(木)日本時間午前に、バイナンスはサーバーメンテナンスを行うため取引所を停止すると発表しました。しかし、本来は数時間で終わるはずのメンテナンスが、翌日の9日まで延期されています。

これを受け、ツイッターでは「Binanceがハッキングされた!」「資金が流出するんじゃないか?」という声が飛び交っています。

(↑中には「バイナンスが不正アクセスを受けたと公式で発表した」といった画像を受け取った人も。)

Binanceによるメンテナンス中の対応

これに対し、BinanceのCEOである趙長鵬(ジャオ・チャンポン)氏は、自身のツイッターを更新し説明を続けています。

”レプリカデータクラスタにサーバ問題が発生し、一部のデータが同期できなくなっています。マスターデータから同期をし直す必要があるのですが、データのサイズが大きいので、数時間はかかりそうです。データは全く失われていません。ご理解とご支援に感謝します。”
”3つの解決策によるデータ回復の見通しは、解決策1:1-2時間で完了、解決策2:5時間で完了、解決策3:9時間で完了。解決策3は、始めに取っていた方法ですが、時間がかかり過ぎました。また分かり次第報告します。”
”不安を解消するために、たった今30000BTCをコールドウォレットから、それまで2000BTCしかなかったホットウォレット送りました。今回使用したコールドウォレットには、まだ67000BTC残っており、ホットウォレットには2%しか入ってなかったのがわかります。”

CEOのジャオ・チャンポン氏は、このように近況をこまめに報告したり、資産情報を開示するなどしてユーザーの不安を解消しています。

他の取引所のメンテナンスと対応

コインチェックの場合

先日NEM流失が発覚したコインチェックの対応はどのようなものだったのでしょうか。事件が起きたのは1月25日。コインチェックは、公式ツイッターで次々と報告を行っていきます。

しかし、どの報告もサービスの停止を告げるもので、具体的な対応や、復旧にかかる見通しなどを報告することはありませんでした。結果としてはハッキングだったので、具体的な内容は公開できなかったのでしょう。

クラーケンの場合

先日丸2日間サービスを停止したKraken(クラーケン)の場合はどうだったのでしょう。1月10日に行われたメンテナンスで当初は2時間と見込まれていたメンテナンスは、「最終テストで問題が多く見つかった」として結果2日後にサービスを再開しています。

1月10日(木)の午後9時より、システムアップグレードを行います。アップグレードを行っている間、詳細はステータスのページで確認して下さい。

このメンテナンスに関し、ステータスページで状況は報告していたものの、あまりに長いメンテナンスにユーザーの不満が高かったとのことです。ユーザーの問い合わせに対し返答が全くなかったのも、不満の要因と言われています。

中には、サービスの遅滞を狙ったハッキングも

先日1月30日アメリカの取引所HitBTCは、DDosの被害を受けていると報告し、プラットフォームにアクセスできない状態が続いているとツイッターで公開しました。

”現在HitBTCは、重度のDDoS攻撃を受けており、取引所のインターフェイスにアクセスできない可能性があります。一刻も早くオンラインににできるよう、プロのチームが必要な措置を取っていきます。”

このDDosとは、複数のコンピューターからサーバーに大量のデータ処理を送り続け、結果サーバーをダウンさせようという攻撃です。

HitBTCでは約6時間後にはサービスを開始しましたが、このようにサービスの遅滞を狙った嫌がらせのようなハッキングもあります

情報開示の必要性

取引所のサービス停止は、メンテナンスを行う上でどうしても必要ですが、上であげた事例のようにハッキングの可能性も秘めています

そこで、ユーザーが取引所に求めるのはやはり情報開示です。今回のバイナンスのように、ツイッターでユーザーとコミュニケーションを取りながら、情報開示をおこなっていくのに大きな好感を持った方も多いのではないでしょうか。

(↑ちなみに結果としてBinanceはハッキングの被害を受けたわけではありませんでした。しかもお詫びとして、2月24日まで取引手数料の70%を割引すると言っています。)

また、サービスを停止している理由をしっかり説明し、時間見通しをアップしてもらうとユーザーの安心感が違いますよね。

取引所を選ぶ際に場合、価格や流動性といった利益に直結しような要素で選びがちですが、ユーザーと近い位置でコミュニケーションをとっていく取引所は、やはり長期的にも人を集めていくのではないでしょうか。

Binance(バイナンス)

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
  • 取扱銘柄100種類以上!
  • 独自トークンBNBで手数料が安くなる!
  • 取引高も多く、スムーズな取引が可能!
  • サイトも日本語に対応しているので安心!

Binanceでアカウント開設ができない!?新規口座開設が停止された理由とは?

Binanceは2018年1月5日、「Registrations Pause」というタイトルで突如、新規のアカウント開設を一時的にストップするというアナウンスを行いました。

Binanceアナウンス
”予想を超える需要増に伴い、Binanceはこの度、インフラのアップグレードを行うため新規によるアカウント開設を一時的に停止させて頂くこととなりました。これにより多くのご迷惑をお掛けすること深くお詫び申し上げます。”

Binanceは今回の新規開設の受付停止を「インフラのアップグレード」と説明していますね。

これにより、公式サイトでアカウントを開設しようとすると上のメッセージが表示され、今は全くアカウントの開設ができない状態となっています。いつこの制限が解除されるかも今の所不明です

最近のBinanceの人気は著しく、一度は出来高ランキング1位になるなどその勢いは止まりません。(Binanceが発行している「BNB」も現在価格が高騰しているようです。)

多くのメディアでその存在が取り沙汰され、これを機に、Binanceや他の海外取引所の利用を始めようと思った方もいたのではないでしょうか。しかし肩を落とすのはまだ早いです。Binanceに迫る成長と人気を博す取引所がまだまだあります。

Binanceに代わる取引所は?

今回、Binanceに代わる取引所としてご紹介したいのが、最近着実にその存在感を見せている「Kucoin(クーコイン)」です。Kucoinがサービスを開始したのは2017年9月とまだ設立して間もないですが、Binanceと同じく今最も勢いに乗っている取引所の一つです。

ここで特徴を簡単に挙げるなら、Kucoinは「KCS」と呼ばれるオリジナルトークンを使って様々な特典をユーザーに与えている点です。

ユーザーは、KCSを保有することで配当や割引を受けることができます。またKucoinは、取引所の売り上げを使ってKCSの買戻しを行うことも公言しており、これによる将来の価格高騰も見込まれます。(割引や買戻しはBinanceにも共通して見られるサービスです。)詳しくはこちら「配当が貰える!?新興取引所Kucoinが発行するトークンKCSの魅力!

他にも、2017年12月にはKCSの保有者にBTCをプレゼントするプロモーションを実施するなど、強気の姿勢で現在多くのユーザーを獲得しています

今回Binanceによる口座開設停止のニュースを受け、新規ユーザーの獲得を巡る競争が激化するのでしょうか。KCSを武器にKucoinが第2のバイナンスとなれるのか、その成長に賭けるなら今がチャンスです!

arrow-animation

新興通貨KCSを買って配当を貰おう!!

動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ

Binanceでまたもや上場か?3分で完売したトークンBread(ブレット)とは?

いま絶好調のBinance。先日「GIFTO」のトークンセールを行ったばかりですが、早速第2弾「Bread(ブレット)」のトークンセールも開始しました。

Breadトップページ

GIFTOは開始1分でトークンが完売したようですが、今回のBreadも約3分足らずで700万のトークンが完売したようです。Binanceの勢いすごいですね。

それでは今回も人気のトークン「Bread」について、その特徴や仕組みをまとめていきたいと思います。

目次メニュー

Breadとは?

Breadとは、モバイルウォレット「Bread Wallet」を開発したプロジェクトチームです。2014年にリリースされ、ビットコインのネットワークに直接接続する初めてのモバイルアプリとして注目を集めました。公式サイトはこちらです。「https://token.breadapp.com/jp/

breadアプリ

このプロジェクトチームは「世界最大の分散型金融機関」を目標とし、モバイル端末一つで、資産の管理や、様々な決済が行えるプラットフォームの開発を行っています。

そして今回、さらなるサービス拡大のため「Bread Rewards」と呼ばれるリワードプログラムを開始し、そのベースとなる通貨として「Bread(BRD)」の発行を行っています。


リワードプログラム「Bread Rewards」とは?

リワードとは

リワードプログラムとは、よく製品の購入やサービスを利用してくれる顧客に、割引やポイントといった特典を与えるといったプログラムです。航空会社のマイレージやクレジットカードのポイント還元もこれにあたります。

そして「Bread Rewards」とは、BRDを保有するユーザーに様々な特典を与えることで、さらに多くのユーザー獲得を目指したリワードプログラムです

それでは、このBread Rewardsにはどのようなものがあるのでしょうか。

手数料の割引が受けられる

特典の1つ目は、手数料の割引です。Breadには、アプリ上でビットコインやイーサリアムの売買が行えるというサービスがあるのですが、これを利用するには、手数料を支払う必要があります。

しかし、BRDを使用すれば通常より少ない手数料でこの取引を行うことができます。例えば、売買の手数料が5ドルとすると、BRDトークンを使えば3ドル分の手数料で取引を行うことができます。

またBRDは市場の価格に応じて変動するので、今後価格が上昇していけば、よりこの特典の効果が見られるようになりそうです。

様々な機能やサービスが無料で利用できる

2つ目の特典は、無料利用権です。BRDを保有していると、Breadで提供されている機能やサービスを無料で利用することができます。

Breadは、ユーザーが自らで資産を管理できるウォレットを目指し、運用実績や状況を確認できるツールを開発すると言っています。

その他にも、最新の仮想通貨に関するニュースやトークン関連情報、様々な専門家による市場分析など、様々なサービスを提供していく予定とあります。

そして、一定以上のBRDトークンを保有するユーザーは、これらの機能やサービスを無料で利用できるとのことです。

BRD保有者限定のサービスがある

3つ目の特典は、保有者限定のサービスです。BRDを保有していると、トークンクラウドセールへの早期アクセスや、優先的に新機能の利用が行えます。

またアプリ以外でも、エグゼクティブチームと直接コンタクトがとれたり、BRDを保有するユーザーのみ参加できるネットワーキングイベントなど様々な特典がつくとのことです。


これからの見通しと計画

Breadは、ホワイトペーパーでこれからの計画とどのように目標を達成するかを説明しています。

bread計画

今年度には、イーサリアムとERC20トークンの入出金と保管のサービスを開始し、2018年にはこれらのポートフォリオ管理が行えるプラットフォームを開発するとあります。

そして、世界中の仮想通貨取引所と提携によって、取引が可能となるシステムを作り、その後も、直接預金や公共料金の支払いといった機能を続々と追加していくとのことです。

もちろん日本もBreadのサービスの展開される国の一つであり、今後事業が上手く進展すれば、このモバイルアプリで一つで様々な決済が可能となるかもしれません


Binanceで取引が開始される?

Binanceは、12月18日に自身の公式サイトやツイッターで、Breadのトークンセールの内容を公開しました。そして700万のトークンが瞬く間に完売となっています。

まだ正式に上場や取り扱いの話は出ていませんが、GIFTOはトークンセールの4日後にはBinanceで上場されています。この例を見るとBRDの上場もまず間違いなさそうですね。

ICOなどの新興通貨は、上場後に価格を上昇させるといったものが多く、GIFTOもICO価格の約3倍ほどの値を付けたそうです。詳しくはこちら「1分で33億円も調達したICO「GIFTO」が早くもBinance-バイナンスに上場!今が買い時!?

今回のトークンセールもBNBとETHで行われたとのことで、今後上場が決まるとなると、まずこの2つの通貨がペアとなると考えられます。

その中でBNBは比較的安価で買える状態なので、Breadを使ってみたいと思う方は今のうちにBNBを入手しておいてはいかがでしょうか。

フォークコインを狙うなら間違いなくBinance(バイナンス)

ビットコインのハードフォークから分裂するコインにほぼ対応!BinanceにBTCを置いておくだけでフォークコインがもらえる可能性大!いま注目の海外仮想通貨取引所です。

業者情報はこちら 公式サイトはこちら

1分で33億円も調達したICO「GIFTO」が早くもBinance-バイナンスに上場!今が買い時!?

先日、海外取引所Binance(バイナンス)でサポートされていたICO「GIFTO(ギフト)」がたったの1分たらずで売り切れたのをご存知でしょうか?

ギフト公式ページ

海外で2,000万ものユーザーがいるライブ配信SNSアプリで利用する事ができる事と、最近注目を浴びているBinance(バイナンス)がサポートをしているという事から注目を浴びていたICOですが、たったの1分ほどで33億円もの資金を調達し終了しました。

詳しくは「Binance(バイナンス)で上場か!?SNSで送れるトークンGIFTOとは?」こちらで紹介をしているので、ご覧ください。

一瞬でICOは終わり、後はBinance(バイナンス)で上場されるのを待つだけか…と思っていた矢先に上場されました。

GIFTO(GTO)がBinance(バイナンス)にて早くも上場!

Telegram

まず告知が入ったのが、メッセンジャーアプリ「Telegram」内にて告知がありました。上画像はGiftoのアナウンス用として利用されていたグループ内での告知です。

内容によると、BNB,BTC(Bitcoin),ETH(Ethereum)建てでプラットフォーム内に追加されたとの事です。こちらのアナウンスがあった12/18(月)17:11と同時に、Binanceのプラットフォームにも追加され、取引できる環境となっています。

バイナンス取引画面

取引画面でもGifto(GTO)が追加されているのを確認しました。1GTO=40円程の価格を付けており、現在は安定をしています。ICO価格の約3倍ほどの値を付けたという事もあり、プレセール(ICO)で購入できたトレーダーさんがどうしたのか気になりますね。

現在はまだ40円程を推移していますが、配信アプリ「Uplive」で利用できるようになり需要が高まれば、今後の値上がりも期待する事ができるのではないでしょうか?現在Gifto(GTO)を買えるのはBinanceだけです!

フォークコインを狙うなら間違いなくBinance(バイナンス)

ビットコインのハードフォークから分裂するコインにほぼ対応!BinanceにBTCを置いておくだけでフォークコインがもらえる可能性大!いま注目の海外仮想通貨取引所です。

業者情報はこちら 公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)の成長を支えるトークンBNBとそのメリットとは?

世界には150を超える仮想通貨取引所があります。それらの取引所は、様々な技術や戦略を駆使して顧客の獲得を目指しています。

そんな競争が激しい仮想通貨業界に、設立されてなんと3か月で出来高ランキング(24時間)4位となった取引所があります。海外取引所Binance(バイナンス)です。

ではなぜこれほどまで急速に成長することができたのでしょうか。

一つは、最近のビットコイン分裂に対する対応の良さにあるといわれています。Binanceは、現在起きているハードフォークにほぼ全て対応しており、これに好感を持ったユーザーが集まっています。

しかし、ハードフォークは一時的なものです。成長を持続するにはユーザーを魅了する他の何かが必要です。

そこで今回は、Binanceが発行するオリジナルトークンBNBに着目したいと思います。そしてBNBの特徴を見ながら、このトークンがBinanceの成長にとって必要なキーアイテムとなれるのか考えていきたいと思います。

目次メニュー

そもそもBNBとは?

BNBとは、Binanceが発行するオリジナルトークンです。取引所の設立に先駆けICOによって発行が開始されました。発行上限2億枚のうち50%がICOで、40%が開発者、残りの10%が投資家に分配されています。

基本的にBinanceのみの取引が可能で(分散型取引所EtherDeltaでも取引が開始されたとあります)取引できるペアはBTCやETHを始め、約40種類の通貨と交換が可能です

BNB時価総額

現時点の時価総額と取引高は上のような状況です。ゆるやかな伸びを見せていますね。

それでは、このBNBがどのようにBinanceの成長に貢献できるのか、まずその特徴と共にを見ていきましょう。


特徴①手数料の割引が受けられる

BNBの特徴の一つは、取引で発生する手数料をBNBで支払うことができ、しかもその割引も受けられるというものです。

Binanceのホワイトペーパーによれば、この割引は初年度に50%それから1年ごとに25%、12.5%と受けられるようになっています

では具体的にどのようにBNBで手数料を支払うのでしょうか。

Binance取引画面

上の画像はETH/BTCの取引画面です。本来この取引を成立させると、取引手数料をETH/BTCで支払うわけですがBinanceではBNBを代わりに使用できます。

この時、手数料が0.05%になっているのが分かると思います。これは本来の手数料0.1%に50%の割引を受けたためこの数値となっています

BNBで手数料を払うかどうかはもちろん選択できるので、BNBを使いたくないときは「BNBで手数料を支払います」の隣にある「設定」の所で変更可能です。


特徴②買い戻しが行われる

Binanceは、四半期ごとに利益の20%を使ってBNBを買い戻し、最終的には1億枚を市場から回収しそれを破棄すると発表しています。

しかしこの買い戻しのシステムはなぜ行われ、そしてどのような意図があるのでしょうか。

その理由を順を追って説明すると、まずBinanceがBNBを買戻すことで市場にあるBNBの供給量が減ります。そしてBNBの供給量が減ると、それは少なくて珍しい希少価値の高い通貨となります。

これは、買い戻しが進むにつれBNBの価格が上昇していくことを意味します。なぜなら希少価値の高いものは、一般に高い価格で取引されるという性質があるからです。

BNB時価総額

(↑ちなみに10月には取引所が設立して初めての買い戻しが行われました。今回はあまり価格に変化が見られませんでしたが、これは、取引所ができて間もないのでまだ利益が計上されていないためです。)

もちろん、そこにはBNBの需要があるという条件が必要ですが、順当に進めばBNBは年を追うごとに価格が上昇していくと考えられています


特徴③未来のBinanceの燃料となる

ホワイトペーパー

Binanceは、最終的には分散型の取引所を目指すとホワイトペーパーで公言しています。

そしてその分散型取引所では、様々な機能やサービスが提供され、そこではBNBが主要な通貨として使用されるといっています。

現時点では、どのようなサービスが展開されるのかまだわかりませんが、これから開発が行われていく模様です。

中には、手数料の割引が行われなくなる、そして買い戻しがおおむね完了するのは4年後であり、この時期にはBNBを運用のベースとした分散型取引所が完成するのではとの予想があります


3つの特徴を踏まえたBNBの今後

BNBには、このような3つの特徴があります。そしてこの特徴の一つ一つが、今後のBinance成功の布石となっています。

まず手数料の割引は初年度が50%と高く、その利便性からBNBの買いが集まると考えられます。

しかし、年を追うごとに割引の割合は減っていくので買いの気配が落ち着くと考えられますが、そこで再び取引を活発にする起爆剤が買い戻しの制度です。

年を追うごとに供給量が減っていくため価格の上昇が期待され、ここでさらにBNBの取引を押し上げるのではないかと思われます。

そして今後登場する様々な機能やサービスにも期待が向けられ、段階的に取引が増えると考えられます。つまりBNBは、入念に計画された成長を実現する鍵となるトークンです。

これは取引所の利益だけではなく、ユーザーにとっても良い効果をもたらすWIN-WINともいえるでしょう。

現時点は価格もそれほど上昇しておらず、今BNBを多く保有すれば、これらの3つの特徴から大きな利益を上げることができるはずです。

もちろん、Binanceの魅力はBNBに限らず、80種類を超える通貨の種類フォークコインへの対応の早さも注目を集めるポイントです。

今のうちにBinanceやBNBに投資しておくと近い未来に大きく利益を上げられるかもしれません

フォークコインを狙うなら間違いなくBinance(バイナンス)

ビットコインのハードフォークから分裂するコインにほぼ対応!BinanceにBTCを置いておくだけでフォークコインがもらえる可能性大!いま注目の海外仮想通貨取引所です。

業者情報はこちら 公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法を解説

Binance(バイナンス)で2BTC以上の出金を行うには本人確認書類の提出が必要です。

わかりやすく説明しているので、ぜひ以下のステップを参考にしてください!

目次

Binanceで本人確認を行う方法

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

まずは公式サイトの右上にある「Login」でログインを行いましょう。

※ログインはEメールとパスワードが必要です。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

するとアカウントページが表示されるので、ここから本人確認書類の提出を行っていきます。


2段階認証の設定方法

本人確認書類を提出するには、まず「SMS認証」もしくは「2段階認証」の設定が必要です。

こちらでその方法を説明しているので、以下のステップを参考にして下さい。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

アカウントページの中央右に、①SMS認証、②2段階認証の設定ができる項目があります。

どちらかの「Enable」をクリックして認証を行いましょう。

認証方法
①SMS認証:電話番号を使って認証を行う方法です。番号を登録するとSMSで認証コードが送られてくるので、そのコードで確認を行います。
②2段階認証:グーグルの「Google認証システム」というアプリを使って認証を行います。30秒ごとに更新されるコードで認証行います。

こちらでは、2段階認証の設定方法を解説していきます。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

まずは「App Store」か「Google Play」でお手持ちのスマートフォンに「Google認証システム」というアプリをインストールしましょう。

画面中央にあるアイコンをクイックすると、それぞれのインストール画面に移ります。

インストールが完了したら「Next Step」をクリックして下さい。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

続いてQRコードのスキャンを行います。

このコードをスキャンすると、「Google認証システム」のアプリとバイナンスのアカウントがリンクします。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

これを確認したら「Next Step」で次に進みましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

セキュリティキーのコードが発行されます。

これはスマートフォンを失くしてしまったときなど、2段階認証を設定しなおすときなどに使用します。

これはとても重要なコードなので、紙に書き写してどこかに保管しておきましょう。

書き写したら「Next Step」で次に進みます。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

最後に上から、①セキュリティキーコード、②ログインパスワード、③アプリに表示される2段階認証の番号を入力します。

入力したら「Enable Google Authentication」をクリックしましょう。

以上で2段階認証の設定が完了です。


本人確認書類の提出方法

SMS認証、2段階認証の設定が完了したら本人確認書類の提出を行いましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順
まずは、アカウントページ中央にある「Submit Verification Documents」をクリックして下さい。
Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

するとアカウントのタイプが「個人」か「法人」かのどちらかを選択する画面に移ります。

Personal」を選択しましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

本人確認書類を提出する画面が表示されます。

まずは「International」にチェックを入れ、以下の情報を入力していきましょう。

入力情報
①名を入力します。
③姓を入力します。
④性別を選択します。
④国籍をリストから選択します。
⑤パスポート番号、運転免許証番号、もしくは公的なID番号を入力します。

次に確認書類のアップロードを行います。

ここではパスポートの表紙と個人情報(もしくは他の本人確認書類の表と裏)を一点ずつ、そして証明書を手に持ったセルフィ―計3点をアップロードします。

画像のフォーマットは全てJPGが指定されているので確認しておいて下さい

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

パスポートもしくは運転免許証といった証明書の表面をアップロードします。

Choose File」をクリックして画像を選択しましょう。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

続いて、パスポートの個人情報もしくは運転免許証といった証明書の裏面をアップロードします。

Binance(バイナンス)の本人確認書類提出方法手順

最後に、セルフィーをアップロードします。

上のサンプル画像にあるように、確認書類と”Binance”と提出日が記されたメモ(例:Binance 2017/12/01)を手に持って写真を撮ります

※このとき証明書や顔のピントが合ってないといったことがないように注意して下さい。

これらの計3点をアップロードしたら「Submit」をクリックしましょう。

以上で本人確認書類の提出が完了です!

数日で認証が行われ、これで2BTC以上の出金ができるようになります。

少ない資金で大きな利益をねらいたい!!

「意外と利益が少ないなあ」と思うことがありませんか?

取引をしていて手数料なんかで「意外と利益でなかったなあ」と思うことがありませんか?コツコツやるのもちょっと面倒だけどドカッと稼ぐには元手が足りない。もしあなたがそんな方ならピッタリの取引所あります。

チェック
  • 出来高が世界ランキング1位
  • ユーザーが多いので取引が成立しやすく、価格の動きも活発なので利益が出しやすい
  • 情報発信が多く、ハッキング疑惑が起きたときも情報開示をしっかり行い信頼度アップ
  • 世界一の取引を体験してみよう!!

    動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ

    Binance(バイナンス)の入金方法を徹底解説!

    海外取引所Binance(バイナンス)の入金方法を画像つきでわかりやすく説明しています。

    Binanceへの入金は仮想通貨のみです。

    法定通貨による入金はできませんが、仮想通貨の入金はとても簡単に行えるので、ぜひ以下のステップや画像を参考にしてください!

    Binanceで入金する方法

    Binanceの入金手順

    Binance(バイナンス)の入金方法手順

    まずは公式サイトのトップページ右上の「Login」でログインしましょう。

    ※ログインには登録したEメールアドレスとパスワードを使用します。2段階認証を設定している場合はここで認証を行います。

    Binance(バイナンス)の入金方法手順

    ログインすると、上に「Funds」というメニューが追加されます。

    そこにカーソルを持って行きリストから「Balances」を選択しましょう。

    これで入金画面に移ることができます。(ちなみに「Deposit」の画面からも入金可能です。)


    仮想通貨で入金する方法

    Binance(バイナンス)の入金方法手順

    入金画面に移動すると仮想通貨のリストが表示されます。

    入金したい通貨を選択し、画面右にある「Deposit」をクリックしましょう。

    Binance(バイナンス)の入金方法手順

    ちなみに左の検索ボックスで通貨を絞り込むこともできます。

    バイナンスは100種類以上もの通貨を取り扱っているので、検索ボックスを利用した方が通貨を探す手間が省けますよ。

    Binance(バイナンス)の入金方法手順

    「Deposit」をクリックすると英数字でつくられたアドレスが表示されます。

    このアドレスに通貨を送ることでBinanceへの入金完了です

    また注意事項のところでは「ネットワークの確認回数」も確認できます。

    ネットワーク確認回数
    この数字は、マイナーが行うトランザクションの確認回数を表しており、ネットワーク確認がすべて完了すると入金が完了します。
    1回の確認にかかる時間は10~20分程度といわれ、上の例だと「2 network confirmation」とあるので、入金に20~40分かかることが予想されます。(もちろんもっと早い場合もあります。)

    入金のプロセスは「history」の画面で確認できるのこともチェックしておきましょう。

    チェック
  • 出来高が世界ランキング1位
  • ユーザーが多いので取引が成立しやすく、価格の動きも活発なので利益が出しやすい
  • 情報発信が多く、ハッキング疑惑が起きたときも情報開示をしっかり行い信頼度アップ
  • 世界一の取引を体験してみよう!!

    動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ

    仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の口座開設・登録方法を解説

    海外取引所Binance(バイナンス)の口座開設方法をこちらでわかりやすく説明しています。

    簡単に行えるので、口座開設、登録がまだという方はさっそく始めてみましょう。

    Binanceで口座開設する方法

    Binance(バイナンス)の口座開設方法手順

    まずは公式サイトへアクセスし、トップページ 右上にある「Register」をクリックします。

    Binance(バイナンス)の口座開設方法手順

    すると基本情報を入力する画面が表示されます。

    上から①Eメールアドレス、②パスワード、③確認のパスワードを入力し、利用規約にチェックを入れて「Register」をクリックしましょう。

    ※パスワードは大文字を含む8桁以上で設定して下さい。

    Binance(バイナンス)の口座開設方法手順

    すると上の画面が表示されます。

    ここでは、下のアイコンをスライドさせることでパズルを完成させます。

    Binance(バイナンス)の口座開設方法手順

    パズルをはめると、設定したメールアドレスに「Confirm Your Registration」というタイトルのメールが送られてきます。

    中央の「Verify Email」をクリックしましょう。

    Binance(バイナンス)の口座開設方法手順

    以上でアカウントの開設が完了です!

    あとはログインを行って取引を始めましょう。

    バイナンスでは、本人確認書類を提出しないと2BTC以上の出金が行えません。

    こちらで「本人確認書類の提出方法」をわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてください!

    チェック
  • 出来高が世界ランキング1位
  • ユーザーが多いので取引が成立しやすく、価格の動きも活発なので利益が出しやすい
  • 情報発信が多く、ハッキング疑惑が起きたときも情報開示をしっかり行い信頼度アップ
  • 世界一の取引を体験してみよう!!

    動く矢印赤 無料口座開設・公式サイトはコチラ