【仮想通貨攻略】トレーディングビューの使い方!<基本編>

こちらでは、トレーディングビュー(TradingView)の基本的な機能をご紹介します

トレーディングビューはかなり高性能なプラットフォームですが、初めての方にとっては使い方が少しわかりにくいと思います。

こちらの記事では、画像を使ってわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

チェック

登録がすでに済んでいる、ログインが行えるという前提で話を進めていきます。そもそもトレーディングビューって何?という方はこちら「【仮想通貨攻略】トレーディングビューとは?「登録方法」や「無料版と有料版の違い」もご紹介!」を参考にして下さい。

目次

ホーム画面

まずはホーム画面からみていきましょう。

tradingview使い方

ログインを行うと、上のような画面が表示されます。

このホーム画面では、アイデアや経済指標、リアルタイムの取引額など、いろいろな情報がまとめてあります。

tradingview使い方

それでは、上のメニューから説明していきます。

メニュー
① ホーム画面に戻るボタンです
② ここをクリックすると最新情報が表示されます
③ 言語を変更できます
④ 検索のカテゴリーを選択します
⑥ 検索ワードを入力するボックスです
⑥ アカウント情報の設定が行えます
tradingview使い方
メニュー
⑦ アイデア画面に移動します
⑧ 市場画面に移動します
⑨ スクリプト画面に移動します
⑩ スクリーナー画面に移動します
⑪ チャート画面に移動します

ホーム画面には、他にもいろいろな指数や最新情報があるので、こまめにチェックしたい画面です。


アイデア画面

ここからは、初心者でもドンドン使ってもらいたい「アイデア」「市場」「チャート」の3つの機能についてご紹介します。

始めに、アイデア画面から見ていきましょう。

アイデアとは、ユーザーが自分の分析方法をシェアできるというもので、ここではいろいろなユーザーの分析を参考にできます。

tradingview使い方

ホーム画面にある「アイデア」のところにカーソルを持っていくと、上のようなリストが表示されます。

これらは、何を基準として分析を行っているかをまとめたもので、数多くのアイデアが紹介されています。

アイデアのメニュー
① 通貨や株式といった資産ごとのアイデア
② ローソク足などを使ったトレンドを分析するアイデア
③ 市場にあるパターンを分析するアイデア
④ チャートのパターンを分析するアイデア
⑤ インジケーターを使った分析方法・アイデア
⑥ 波動という心理のリズムを分析するアイデア
⑦ ウィリアム・ギャンという投資家の取引テクニック
⑧ マクロ経済学などを使った分析方法・アイデア
tradingview使い方

ここでは、仮想通貨に焦点を置いたアイデアを見てみましょう。

アセットクラスからカーソルを右にスライドさせて、その中から「仮想通貨」を選択して下さい。

tradingview使い方

するとこのように、仮想通貨に関連する様々なアイデアが表示されます。

気になるアイデアをクリックしてみましょう。

tradingview使い方

ここでは、チャートや分析についての解説などを詳しく見ることができます

また、画面右にある ▶ をクリックしてみて下さい。

tradingview使い方

すると、その後の価格の動きをみることができます。

このように、他のユーザーのアイデアをみることで、色々な勉強ができます

トレーディングビューを始める上で、かなり役に立つサービスですね。


市場画面

続いて市場画面のご紹介をします。

ここでは、株式や国債、仮想通貨といったアセット(資産)の市場を見ることができます。

tradingview使い方

市場」のところにカーソルを持っていってみましょう。

するとこのように、トレーディングビューで見ることができるアセットが表示されます。

アセットとその分類
① 通貨:アジア、ヨーロッパといった大陸ごと
② 株:出来高や値上がり率など
③ 指数:主要国、業種別の指数
④ 先物:農業、エネルギー、金利など
⑤ 仮想通貨:ビットコイン、イーサリアムなど主要コイン
⑥ 国債:アジア、ヨーロッパといった大陸ごと
⑦ CFD:農業、エネルギー、金属など
tradingview使い方

ここではもちろん「仮想通貨」を見てみましょう。

仮想通貨からカーソルを右にスライドさせて、その中から見たいコインを選択して下さい。

tradingview使い方

するとこのように、現在価格や、ペアごとの変化率などを確認できます

tradingview使い方

さらに通貨を選択すると、通貨のチャートやアイデアなども見ることができます

tradingview使い方

また上のメニューで、今市場が「売り」か「買い」かといった気配も見られるので、いろんな情報を参考にしましょう。


チャート画面

最後にトレーディングビューといえばのこれ、チャート画面についてご紹介します。

tradingview使い方

ホームにある「チャート」をクリックすると、このような画面が表示されます。

tradingview使い方

このチャート画面では大きく分けて3つのツールがあります。

チャート画面にある3つのツール
① 描画ツール:主に手動でラインや図を引いたりできる
② 分析ツール:主にチャートの見え方などを変更する
③ 設定ツール:主に設定を変更したりデータを保存したりする
tradingview使い方

まずは、①描画ツールの説明から行っていきます。

ここでは、手動でラインを引いたり、図を挿入したりできるツールが備えられています。

具体的な使い方は、Microsoftの「ペイント」などをイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

描画ツール
① マウスポインターの変更(交差、矢印など)
② 直線的なライン(トレンドライン、水平ラインなど)
③ 点の多い複雑なライン(ピッチフォーク、ピッチファンなど)
④ 絵や図の挿入(ブラシ、四角形など)
⑤ 文字や記号の挿入(テキスト、フラッグマーク)
⑥ パターンや波動(三角パターン、エリオット波動)
⑦ レンジ系のツール(日付範囲、価格レンジ)
⑧ スタンプの貼付(ツイッターロゴなど)
tradingview使い方
描画ツール
⑨ 日数やパーセンテージの計測
⑩ ズームイン、ズームアウト
⑪ マグネットモードON/OFF ※1
⑫ 描画モードON/OFF ※2
⑬ 描画ツールのロック ※3
⑭ 描画ツールの非表示
⑮ 描画したラインなどのレイヤーを表示
⑯ ツールの削除
※1 ONにするとラインがローソク足やヒゲにピタッとくっつく
※2 ONにすると連続して描画ツールが使える
※3 ONにすると描画したツールをドラッグなどで動かせない
tradingview使い方

続いては、画面上部にある②分析ツールについてご紹介します。

ここでは、チャートのタイプを変更したり、分析ツールであるインジケーターを表示させたりできます。

分析ツール
① 分足の変更(1分足、30分足など)
② チャートタイプの変更(ローソク足、平均足など)
③ 他の指標との比較(日経225、ダウ300など)
④ インジケーターの挿入
⑤ テンプレートの挿入
⑥ アラート(通知)の設定
⑦ 過去データのリプレイ
⑧ 取消、やり直し
tradingview使い方

最後に③設定ツールのご紹介をします。

ここでは、設定を保存したり、背景の色やタイムゾーンなどを変更できます。

設定ツール
① チャートの数、デザインの変更(無料版では使えない)
② 編集の保存、タイトルの変更
③ チャートの基本設定の変更(ラインの色、マージンの広さ、タイムゾーンなど)
④ フルスクリーンモード

以上がチャート画面で利用できる3つのツールです。

いろいろ試しながら、これらの使い方を覚えていきましょう。


サイドバー

最後になりますが、どの画面でも表示されるサイドバーを簡単にご紹介したいと思います。

tradingview使い方

画面の右側に、このような情報やアイコンが並んでいるのがわかると思います。

結構、便利な機能や情報があるので要チェックです

tradingview使い方
サイドバーの機能
① 情報の表示/非表示
② アラートの設定、管理
③ データの詳細(価格、出来高など)
④ 注目度が高いランキング
④ 自分のアイデア
tradingview使い方
サイドバーの機能
⑥ チャットの閲覧
⑦ プライベートのチャット
⑧ アイデアの一覧
④ 注目度が高いランキング
④ お知らせ

これらの機能を利用すると、トレーディングビューの使い勝手がよくなると思います。

調べてなかなかわからないことでも、案外チャットなどで解決したりもしますよ。


習うより慣れよ!

以上が、トレーディングビューで使える基本的な機能です。

トレーディングビューはかなり高性能ですが、なかなか始めは使いにくいといった印象があると思います。

なのでここで言いたいのは「習うより慣れよ!」です

今回ご紹介したのは、無料版の基本的な機能ですが、PRO版だと分析の幅がさらに広がります。

30日間無料でPRO版を体験できるというサービスもあるので、まだ試したことがないという方はこの際、体験してみてはいかがでしょうか!

以上、トレーディングビューの使い方【基本機能編】でした。

トレーディングビューを使った「仮想通貨攻略法」もご紹介!

TradingView(トレーディングビュー)

TradingView(トレーディングビュー)
  • 世界が愛する高性能分析ツール!
  • 圧倒的な情報量となんでも網羅!
  • 多彩なツールと豊富な種類!
  • 日本語対応、アプリもあるので安心!

全盛期に手を出して失敗したからこそ教えたい!

仮想通貨で失敗した人はもちろん、最近始めた方も知らないと損をする

これは間違いないとされる通貨でも、いつ暴落するかわからないのが仮想通貨。そんな相場が下がって損が出るときは、売りで入って買い戻すべきです。手数料も他より安いこの取引所で、メインの取引所の「リスク回避」をしないと、あなたはまたきっと損をします。

大きく儲けるならやっぱり海外取引所を利用すべき!

海外送金が激安の取引所でチャンスを逃がすな!

海外取引所の魅力は、取引されている仮想通貨の多さで、話題になる通貨はその価格を一気に上昇させます。ただそんな時あなたは、日本では取引できないからといってみているだけでしょうか?ザイフなら激安で海外送金できるので、日本で堅実に取引しつつも海外のチャンスを耳にすれば資産を突っ込む!これが大きく利益を出せる秘訣です!

7月1~2週目によくチェックされているコイン!

今話題のDApps(ダップス)をピックアップ!

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーンの技術を使ったアプリです。中には、仮想通貨を稼げるアプリもあるので要チェックです!

話題のニュースやコラムもあわせてチェック!

初心者におすすめの海外仮想通貨取引所ランキング

セキュリティ面が安全で国内からでも取引できるのは当たり前!海外取引所の中でも特に、優良で初心者におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

Binance

Binance,バイナンス
不動の人気No.1海外取引所!

これまでBitcoinのハードフォークに全て対応するなど話題を集め、独自トークンBNBに特典をつけるといった戦略で、今や出来高ランキング世界一となった取引所です。サイトも日本語表記があり安心して取引できる環境でもあります!

取引所情報を見る 公式サイトへ

BitMEX

Bitmex,ビットメックス
レバレッジ最大100倍!

取引所の中でもめずらしいレバレッジ商品に特化した取引所です。かけられるレバレッジはなんと最大100倍とあり、少ない資金で大きな利益を狙えます!信用取引やレバレッジは仕組みが少し難しいですが日本語のガイドラインもあるので安心!

取引所情報を見る 公式サイトへ

Huobi

Huobi,フオビー
バイナンスを追いかける!

Huobi(フオビー)は、中国の三大大手取引所と呼ばれる人気の高い取引所です。取扱いコインが100種以上と多く、従来の取引所にはめずらしい最大3倍のレバレッジがかけられる!独自トークンHTもかなりの人気です。

取引所情報を見る 公式サイトへ

送金にオススメの国内仮想通貨取引所ランキング

海外で取引するには国内で通貨を購入してから!一番安全かつ、お得に海外に送金できる国内の取引所をランキング方式で紹介しています。

Zaif

Zaif,ザイフ
お得に仮想通貨を買うなら!

国内取引所Zaif(ザイフ)は手数料が安く、板取引で売買できるためお得に仮想通貨を買うことができます!国内取引所の中では通貨の種類が多く、海外取引所への送金方法の選択肢が増えるので口座開設して間違いなし。Zaif独自の「コイン積立」も大人気!

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitFlyer

Bitflyer,ビットフライヤー
FXでも大人気の取引所!

国内取引所bitFlyerはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱いも多く、送金手数料もかなり安いためオススメです。それにレバレッジ最大15倍のFXを利用でき、大きく稼ぐことができます。サーバーも比較的強いので、約定が拒否されることも少ないです。

取引所情報を見る 公式サイトへ

bitbank

bitbank,ビットバンク
じわじわ人気の取引所!

bitbankは取引手数料無料のキャンペーンが6月まであり、安く仮想通貨を購入できることで人気の取引所です。以前は流動性が少なかったのですが、今はユーザーが増えてきてしっかり仮想通貨を購入することができます。アルトコインの種類も多く海外取引所への送金にオススメ。

取引所情報を見る 公式サイトへ